ブログトップ

Fiore Spazio 花便り

laurism.exblog.jp

ラベンダーリース

a0252678_100132.jpg


先日、少しだけ涼しかった日、ラベンダーのリースを作りました
ローズマリーを丸めてベースにします
ラベンダーはたくさん種類があって覚えられませんが
メディカルハーブコーディネーターのお友達に写真を送ってたずねたら、
デンタータラベンダーとスパイクラベンダーの掛け合わせアラルディラベンダーみたいよ、とすぐに返事が返ってきました
確かにに調べてみたらアラルディーのようです

a0252678_1002599.jpg


一週間たっていい感じにドライになりました
それにしても、一週間が早くて怖い・・・

a0252678_959981.jpg

# by laurism | 2017-07-31 10:13 | flower | Comments(0)

アイアングラススタンド

暑い暑い毎日が続くこの季節
お花はペールトーンの優しい色を使ってレッスンしました

a0252678_114903.jpg


まずこの日、一番に手にしたのは、和バラ‘いおり’

a0252678_11495150.jpg


もう少し暗いベージュがかったトーンの時が多いですが
今回は少しサーモンピンクがかって明るいトーン

a0252678_11532242.jpg


こちらもニュアンスのある色味を持つバラ‘デザート’

a0252678_11562634.jpg


今回はアストランティアもアイボリーではなくベージュがかったものを合わせています

a0252678_1157591.jpg


食卓に飾るのでベリーもアクセントに

a0252678_12142321.jpg



外は暑くても、優し気な色のお花をさわっていると
そんなことは忘れて夢中にアレンジしてくださっています

a0252678_1224717.jpg


いつもお好きなテーブルやボードの上で写真を撮ってもらっているのですが今回はお二人とも白いテーブルの上で

a0252678_1253058.jpg


a0252678_12264778.jpg


そしてコンソールテーブルの上で撮るとき

a0252678_1274882.jpg


お一人はいつもよく撮っているバックは石の壁なのですが、
もうお一人は黒バックはどうでしょう?と撮ったのがこちら

a0252678_1294628.jpg


同じお花を使っていてもずいぶん印象がちがいますね

<アイアングラススタンド>

バラ‘いおり’
バラ‘スノーダンス’
バラ‘デザート’
バラ‘ブルジョン・ドゥレーブ’
ブラックベリー
アストランティア
スカビオサ‘アルバ’
宿根スイトピー
ステンクーゲル
アイビー
青リンゴ
# by laurism | 2017-07-29 12:21 | レッスン | Comments(0)

高島屋ウィンドウディスプレイ

このたび、ドマーニ日本橋さまからのご依頼で、日本橋高島屋のウィンドウディスプレイのお花を担当させていただきました

只今、高島屋のショーウィンドウ全6面で展開されているドマーニシリーズの家具コレクション
椅子張地に合わせ、壁紙、カーテンなどのファブリックは海外のテキスタイルブランドとコラボレートしてトータルでコーディネート
色相順にカラーコーディネートされた素敵なシーン

「RED x KHAKI」
ドマーニ:エクセルライフ
ファブリック:BLACK edition
a0252678_23112858.jpg



「ORANGE x SILVER」
ドマーニ:フォルザ
ファブリック:KONINCK'
a0252678_23315537.jpg



「YELLOW x BLACK」
ドマーニ:エクセルライフ
ファブリック:GASTON Y DANIELA
a0252678_2321886.jpg



「GREEN x GOLD」
ドマーニ:モーガントン
ファブリック:RUBELLI
a0252678_2325168.jpg



「BLUE x MUSTARD YELLOW」
ドマーニ:オーブ
ファブリック:CASAMANCE
a0252678_234464.jpg


「PURPLE x TURQUOISE BLUE」
ドマーニ:ルイ
ファブリック:OSBORNE & LITTLE
a0252678_23301220.jpg


私がお花を担当させていただいたのはこの中のオレンジのブースとグリーンのブースの2窓
ショーウィンドウの写真はすべてドマーニ日本橋さまよりお借りしています

a0252678_23323944.jpg


a0252678_2333415.jpg



自分でも撮ってみたのですが、ウィンドウが鏡のように反射して、なんと向かいのMARUZENの文字がくっきり写りこんでしまったり、撮ってる自分も写っていたりでまったくうまく撮れませんでした

なので、こちらは納品したとき、ドマーニのショールーム内にてぱちり
a0252678_23395227.jpg


ウィンドウの中に入ってしまえば小さく見えるのだろうと予想していたのですが、実際にショーウインドウができあがって見に行ったら、中にある方が大きく感じました
a0252678_233927.jpg




もう一つはグリーンのブース
こちらは、今回、このトータルコーディネートをされたドマーニの冨田様からご依頼いただいたとき、最初からここにカラーを使ってこの高さでこんなデザインでと明確に冨田様の頭の中にイメージが出来上がっていらっしゃったので、打ち合わせもあっという間にスムーズに

a0252678_2341516.jpg


a0252678_1442545.jpg


もともとクラッシックな張地を貼ることも多いドマーニシリーズ
今回、イギリス、フランス、イタリア、スペイン、オランダと各国のハイグレードなこだわりの張地とのコラボレーションにより、スタイリッシュにアレンジされて伝統を大事にしつつモダンな空間が広がっています

a0252678_23432148.jpg

こちらの大胆なストライプのソファの上には、左側の壁に貼られたやはり大柄のお花のモチーフのクッションが合わせられていたり


a0252678_23435721.jpg

やはり、こちらのイエローXブラックのブースも今までドマーニではあまりなかった感じがして新鮮

a0252678_23444153.jpg

そして私が一番惹かれたのは、こちらCASAMANCEのターコイズブルー
後ろの羽根モチーフのカーテンも素敵
ブルーは私の中には一番無い色なのですが、ツートンに貼られたこのウィングチェアには心惹かれます 
パイピングに使われたマスタードイエローがまた、心憎い
ドマーニのFBページにて詳しくご紹介されています→

日本橋、東京駅にいらっしゃる時にはぜひ素敵なコーディネートをご覧になられてくださいね
そして、ショーウィンドウをご覧になられた後は、斜め向かいにあるドマーニ日本橋のショールームにもお立ち寄りください
そうそう、明日は私もレッスンで午後、おじゃましています
# by laurism | 2017-07-26 14:05 | flower | Comments(0)

THE WILLOW FAIRY

a0252678_22315746.jpg


THE SONG OF THE WILLOW FAIRY

By the peaceful stream or the shady pool
I dip my leaves in the water cool.

Over the water I lean all day,
When the sticklebacks and the minnows play.

I dance, I dance, when the breezes blow,
And dip my toes in the stream below.

~Ciceley Mary Barker FLOWER FAIRIES OF THE TREES~ より


毎日毎日、暑いですね
でも、柳につかまって水辺で遊ぶフェアリーは涼しげです
柳の葉のスカートを着ています

a0252678_22361854.jpg


風に吹かれてゆらゆら揺れて楽しそうです

でも 裏話をしてしまえば・・・
何をしているか知らない人が、二人も飛んできました
一人は説明すると気をつけてくださいね、素敵な一枚が撮れるといいですね、とおっしゃって下さったのですが、一人は向こう岸から落ちるのではないかと真剣に叱られました
まさか私もいくら暑くても飛び込んだりはしませんが、でも水辺を眺めていると少しだけこの暑さも忘れられました
# by laurism | 2017-07-23 05:25 | Flower Fairies | Comments(0)

THE BLACKBERRY FAIRY

a0252678_0141770.jpg
THE SONG OF THE BLACKBERRY FAIRY

My berries cluster black and thick
For richi and poor alike to pick.

I'll tear your dress, and cling, and tease,
And scratch your hands and arms and knees.

I'll stain your fingers and your face,
And then I'll laugh at your disgrace.

But when the bramble-jelly's made,
You'll find your trouble well repaid.

~Ciceley Mary Barker FLOWER FAIRIES OF THE AUTUMN~ より

このブラックベリーは、シシリーの詩集では「秋」で取り上げられている
確かに、絵を見れば、葉が紅葉していて秋の趣である
ただ、調べてみると日本では、ブラックベリーの収穫は6~8月のようだ
秋まで待っていたらその頃にはもう実らなかった、ということになってはさみしいので載せてしまおう
絵のようにすっかり真っ黒になったところが撮りたくて、でも黒い実はほとんど無いようで、繁々眺めていたら、レストランも併設されているこちらのガーデンでは、そこで使おうとある程度黒いのがいっぱいになると摘んでいるんですって
ちょうどタイミングが良いと摘む直前の熟した実がたくさんなっている時に出会えるので、またいらしてくださいね、とお店の人が優しく声を掛けてくださった

ブラックベリーは種類もたくさんあって、シシリーの言うようにとげがあるものと、ないものがあるようだ
果たしてこちらはどうだったのか?そこまでしっかり見ていなかった
今度はそれも確認しながら、お店の人の言う、ちょうどぴったりのタイミング、にもう一度会いに行ってみることにしよう
# by laurism | 2017-07-22 05:08 | Flower Fairies | Comments(0)