ブログトップ

Fiore Spazio 花便り

laurism.exblog.jp

ドマーニ日本橋クリスマス展


a0252678_12214151.jpg

ドマーニ日本橋にて毎年、11月後半から行われているクリスマス展
ドマーニ日本橋でレッスンをしている4つのお教室のクリスマスの演出での展示の中にFiore Spazioも参加させていただいています

a0252678_12300577.jpg

a0252678_12301801.jpg

いつものレッスンでは生花でアレンジしていますが、毎年、この時は、アーティフィシャルフラワーで、それぞれお好きなもの、作ってみたいと思っていたものをお作りいただいています


a0252678_12293568.jpg

a0252678_12292321.jpg
クリスマス展ですが、特にクリスマスに限らず、それぞれ作りたいものをお聞きし、作っていただいています
毎年、いろいろな色をご希望される方がいて、もっとカラフルなのですが
今年は別々にお聞きしているにも関わらず、アイボリーや白を基調にした方が多く
淡い色合いで統一されました


a0252678_22141874.jpg

a0252678_22041270.jpg

a0252678_22040140.jpg

a0252678_22025591.jpg
a0252678_12283320.jpg
a0252678_22043169.jpg

こちらのお二人はアイボリーX茶色と茶色

a0252678_22023090.jpg

a0252678_22024259.jpg




ぜひ、お近くにいらっしゃる時には、お立ち寄りいただいて、近くでご覧ください

ただ今、ドマーニ日本橋では、ランプフェアも開催中です
100台以上の個性的なランプが揃っていますのでお気に入りの灯りを見つけてはいかがでしょう?

a0252678_13342214.jpeg



# by laurism | 2017-12-02 13:01 | Comments(0)

ドマーニクリスマス展



# by laurism | 2017-12-02 12:31 | Comments(0)

クリスマスレッスン

今年も何回かに分けて行いましたクリスマスリースレッスンが先週終わりました
a0252678_08402665.jpg

オレゴンモミ、ヒムロスギ、ブルーバード、ブルーアイス、ヒバなどエバーグリーンをたくさん使ったリースづくりは
森の香りに包まれてゆったりとした気分になれて癒されるといつも皆さんがおっしゃってくださいます

a0252678_08403727.jpg

今年は初めてご参加してくださった方も
こちらのお二人は旧いお友達だそうで誘い合ってご参加くださり、作っているときはお互い真剣に下ばかり向いて作っていたので
作り終わってやっと相手の方のをご覧になられてお互い写真の撮りあいっこ
a0252678_08375422.jpg
a0252678_08380225.jpg

こちらの方も初参加でスワッグにされました

a0252678_08373247.jpg

a0252678_08374260.jpg

毎年されている方の中には、今年はシンプルに、とオーナメントは何もつけなかったり

a0252678_09214206.jpeg

定番のモミなどクリスマス花材はやめてナチュラルなスワッグにされる方
a0252678_08411216.jpg

a0252678_09224078.jpeg

こちらの方たちはいつもフレッシュではなくてアーティフィシャルフラワーで作りたいとおっしゃられて、昨年はリースを作ったので今年はスワッグ


a0252678_08415982.jpg

a0252678_09275612.jpeg

a0252678_08422081.jpg

室内にはフレッシュで作られて今年2個目のリースを作られる方も
フレッシュなリースは40センチほどで作っていただいていますが、こちらは外の門扉に飾るため80センチほどでアーティフィシャルフラワーで作られています
前回は赤、ゴールドだったので雰囲気を変えて今回は白、グリーンでとのご希望で花材を揃えさせていただきました

a0252678_08413119.jpg
淡いオリーブグリーンとさらに濃く茶色にも見えるポインセチアが入ってシックな仕上がりとなりました

クリスマスリースのレッスンは終了しましたが、リースのご注文はまだまだ受け付けております
全国発送しておりますのでご自宅用に、プレゼントに、とご注文お待ちしております

a0252678_09402437.jpeg

a0252678_09395397.jpeg

a0252678_09420520.jpeg

a0252678_09423392.jpeg

a0252678_09442510.jpeg

ご注文、お問い合わせは
fiorespazio@gmail.comまでお願い致します
折り返しこちらからご連絡いたします

# by laurism | 2017-11-18 08:35 | Comments(0)

アロマワックスバー ワークショップ

a0252678_09344325.jpeg

寒い冬へ向かう前の、穏やかな気持ちの良い午後、
たくさんお集まりいただいたアロマワックスバー のワークショップ
アロマワックスバー は火を灯さない香りのキャンドルです
a0252678_09221659.jpeg

下は小さなお子様から、男性も女性も、皆さんでワイワイ楽しく
まずはお花選びから
お花が決まったら、好きな香りのアロマオイルを選びます

a0252678_09441875.jpeg

お花と香りが決まった方からどんな風に配置しようか考えます


a0252678_09231396.jpeg

キャンドルが固まったらドキドキしながら型から外します

a0252678_09271118.jpeg

みなさん、出来上がったご自身のキャンドルを眺めながら、可愛いと笑顔でおっしゃっていただき、こちらまで嬉しくなります

a0252678_09323929.jpeg

できたものをラッピングして出来上がり!

a0252678_09320534.jpeg

これからの季節、たくさん作って、クリスマスツリーにオーナメントとして飾っても
お子さんでも作れますので、おうちでも楽しみながらつくってみてくださいね

a0252678_09330615.jpeg

たくさんのご参加ありがとうございました


# by laurism | 2017-11-14 09:20 | Comments(0)

THE ALDER FAIRY

a0252678_07454474.jpg

THE ALDER FAIRY

By the lake or river-side
Where the Alders dwell,
In the Autumn may be spied
Baby catkins,cones beside ー
Old and new as well.
Seasons come and seasons go;
That's the tale they tell!

After Autumn ,Winter's cold
Leads us to the Spring;
And, before the leaves unfold,
On the Alder you'll behold,
Crimson catkins swing!
They are making ready now:
That's the song I sing!

~Ciceley Mary Barker FLOWER FAIRIES OF THE TREES~ より

シシリー・メアリー・バーカーの Flower Fairies の絵本は全部で8冊あります
このハンノキはその中の THE TREES からの一篇です

シシリーは花ばかりではなく、一冊、作るほど、樹木の妖精もたくさん描いています
英国やアイルランドでは木にまつわる伝説や神話がたくさんあるように思います

このセイヨウヤマハンノキも英国ではアルダーと呼ばれ、かつて魔法に関する木だと思われました
妖精とも関係があるとみなされていて、やたらこの木を伐ることは避けられていたようです、ただ、このシシリーの妖精には、直接これらの伝承を思わせるところはありません  (参考文献:シシリー・メアリー・バーカー著 井村君江 訳・監修 「Flower Fairies 花の妖精 ー英国の花たちー』 2014年 主婦の友社 )

よく、ハリーポッターでも皆が持つ杖が何の木で作られているなんて書かれていたりして、木には精霊が宿り、木の種類によってそれぞれの役割があると昔から信じられてきたのですね
話が大きくそれますが、友人に見せてもらって興味を持ってすぐに購入した「木の癒し」という本があります

a0252678_08585723.jpeg
これはドイツのセラピストが書いた本ですが木には癒しの力があって、それぞれの月に守護樹が割り当てられて木のカレンダーになっているのです
自分や家族の生まれたときの樹木のお話を読んだりして楽しんでいます
日本も67%が森林という世界でも有数の森林国
今まであまり感じてこなかったのですが、ここ2,3年、山や森に入るとなにか心の奥深いところで、帰ってきたという感覚に包まれ、心身ともに生き返る気がします

詩の中でも詠まれていますが、この季節、去年生まれて実になった枝のそばに今年の新芽を見ることができます
このフェアリーは、木のことをよく知るお義兄さんに連れて行ってもらって撮りました
お義兄さんは、この詩を知っているわけではないのですが、この絵には前年の木の実と今年の雄花がついているでしょう、と言ってちゃんとその場所を案内してくれました
自分では、たとえこの木の下を歩いていても、これがハンノキだとはわからず見過ごしてしまう事でしょう
そしてお義兄さんが言っていた水辺の方にあるんだよ、と教えてもらった通り、帰ってきて前述の本をあらためて読んでみるとこのハンノキは水につかっても腐りにくい材料なので池や沼地の道造りにも活用されているようです





# by laurism | 2017-11-08 08:56 | Flower Fairies | Comments(0)