ブログトップ

Fiore Spazio 花便り

laurism.exblog.jp

妖精たちのティーパーティ

妖精たちのティーパーティ



a0252678_10400529.jpeg



私が子供だった頃、集めていたチョコレートのおまけのカード
今から20数年前、大人になった私は、あの妖精たちはなんだったのだろうとふと思い出しますが・・・

今みたいにインターネットが普及しているわけでもなく、今みたいにこの子たちをモチーフにしたグッズや絵本が出回っているわけでもなく、調べようもない私は、このチョコレートを作っていたお菓子メーカーに電話で問い合わせて教えてもらったのでした



a0252678_11011077.jpeg

もともと、そんな昔のノスタルジーから始まっているフラワーフェアリーズとの出会いですが、きっかけはともあれ、166種類もの植物を描いたこのシリーズ

シシリー・メアリー・バーカーの描く植物が写実的で、その花たちが咲くころに、その植物を追いかけて写真におさめています


今まで知らなった花や野草、木々との出逢い





それにこれはもともと絵本で、それぞれに付いている詩を読んでいると、植物のハーブとしての効用だったり、イギリスの子どもたちの遊びがわかったりと興味はあちこちと広がります


そんなことと相まって、今年は3ヶ月に一度ぐらい、毎回テーマを決めてお茶会をしようと考えています


テーマは、植物そのものの育て方だったり、植物画を描くことだったり、時には私がよくフラワーフェアリーの写真を撮りに行くお庭に一緒にお散歩に行く回があったり・・・


テーマによってはゲストスピーカーをお迎えして、皆さんで美味しいスイーツでも食べながら和やかな時間を過ごせたら、と思います


その時々に集まる方同士のあたたかな出逢いの場にもなりますように


初めてのティーパーティーは、3月に開催するイベント「妖精たちの花便り」の最終日に、ゲストスピーカーに、妖精研究の第一人者でうつのみや妖精ミュージアムの名誉館長 井村君江先生をお迎えして、フィオーレの森にありますパレスドレオナールでアフタヌーンティーをいたします


a0252678_11104184.jpeg



井村先生は私がフラワーフェアリーズの写真とともに詩を載せているブログの記事で、いつも参考文献とさせていただいている本、「花の妖精—英国の花たち—」(主婦の友社)の全翻訳と監修をされていらっしゃる方です

昨年末、BSで放送された「安田成美 イギリス妖精伝説旅」では、成美さんにイギリスの妖精について解説してご出演されていました

当日は、井村先生より「シシリー・メアリー・バーカーの妖精たち」というテーマでご講演いただいた後、

お花や妖精にまつわるお話をしながら、和やかで楽しいアフタヌーンティの時間にしたいと思います


妖精たちのティーパーティー〜

ギャラリートーク「シシリー・メアリー・バーカーの妖精たち」 & アフタヌーンティー


3月25日(日) 15:00-17:00

フィオーレの森 パレスドレオナール103号室

参加費:¥5,000(定員になり次第締め切らせていただきます)

お申し込み、お問い合わせはfiorespazio@gmail.comまで


2月7日より申し込みを開始します
上記までメールにてお申し込みください
詳しくはこちらから折り返しメールを差し上げます
どうぞよろしくお願い致します

(井村君江先生 プロフィール)
東京大学大学院比較文学比較文化博士課程修了
ケンブリッジ大学、オックスフォード大学ビジティングスカラー
イギリスフォークロア学会終身会員
うつのみや妖精ミュージアム名誉館長
福島県金山町妖精美術館館長
主な著書:『ケルトの神話ー女神と英雄と妖精と』『妖精学大全』
    『「サロメ」の変容』 『日夏耿之介の世界』他多数
主な訳書:『妖精の世界』(W.B.イエイツ)
     『アーサー王物語』(トマス・マロリー)
     『夏の夜の夢』(W.シェイクスピア)
     『花の妖精』(C.M.バーカー) 他多数


ティーパーティー当日は3時まで星のミュージアムにてイベント「妖精たちの花便り」を開催しています
どうぞ、こちらにもお立ち寄りください ↓ 









by laurism | 2018-02-03 09:26 | 妖精たちの花便り | Comments(0)
<< 笠間焼とのコラボレートディスプレイ Fiore Spazio 20... >>