ブログトップ

Fiore Spazio 花便り

laurism.exblog.jp

笠間焼とのコラボレートディスプレイ

先日、笠間焼を使った展示の演出のお手伝いに行ってきました

まだ、雪がたくさん残る中、窯元も見せていただきました

a0252678_15331964.jpeg

a0252678_15313806.jpeg

笠間焼は20年ぐらい前に、ゴールデンウィーク期間中に開催されている陶器祭りに行って以来
その時は、笠間焼と益子焼をはしごしました
その頃はまだまだゆったりのんびり見た覚えがありますがそれからずっと陶炎祭として続いているこのお祭り、今では出店数も増え大変な混雑のようです

今の窯元は6代目だそうで、昔からの資料や当時の焼き物が展示されていました
その中でも私の目を惹いたのは、こちら
昭和30年代、輸出用に4代目が作った釉薬で焼いたものだそうですが、なんだかちょっとルーシー・リーの白のシリーズを思い起こさせる風合いで好み

a0252678_13572699.jpg




さて、笠間焼というのは厚手で丈夫、普段使いの食器が多いそうですが、こちらは若いお弟子さんが作ったというイースターエッグの花瓶

お邪魔した時は、これもぜひ使って欲しいとただ事務机の上にこれがたくさん並べられていたのですが、イースターと言えば、うさぎ、ちょうど大きさ的にも良い感じのウサギさんが見つけられてミモザのお花を合わせてみました

a0252678_13585446.jpg

a0252678_13582698.jpg


この他にも、いかにも和食器とばかり、たくさん並べられていたものから、いつもお店に並べられている感じとは違うようになるようにといくつか選ばせていただき、
春のお花見の宴やケーキを食べるシーンを想定して3つのテーブルを作らせていただきました


a0252678_13595020.jpg

a0252678_13593184.jpg

花瓶も食器も全て笠間焼

a0252678_14000579.jpg

a0252678_14022782.jpg

a0252678_14035350.jpg

こちらの花を詰めたお重のような器も笠間焼の鉢
この花瓶と鉢を使った所はお花見にしましょうと申し上げたら、花びらの形のお皿も焼いてくださいました

a0252678_14034402.jpg

今回は食器から花瓶まで笠間焼の用意された器を使う、というお題をいただいてのアレンジ
全く制約なく自由ももちろん楽しいですが、お題の中でのアレンジも楽しくお仕事させていただくことができ感謝します


a0252678_14052575.jpg


by laurism | 2018-02-15 16:12 | flower | Comments(0)
<< バレンタインの日に 妖精たちのティーパーティ >>