ブログトップ

Fiore Spazio 花便り

laurism.exblog.jp

THE COWSLIP FAIRY


a0252678_08012851.jpg

THE SONG OF THE COWSLIP FAIRY

The land is full of happy birds,
And flocks of sheep and grazing herbs.

I hear the songs of larks that fly
Above me in the breezy sky.

I hear the little lambkins bleat;
My honey-scent is rich and sweet.

Beneath the sun I dance and play
In April and in merry May.

The grass is green as green can be;
The children shout at sight of me.

~Cicely Mary Barker FLOWER FAIRIES OF THE SPRING~ より

キバナクリンソウ
私はこの花を実際に見るまでは、このシシリーのフラワーフェアリーズの絵の中で知るのみだった
昨年、友人たちと赤城自然園に行ったとき、この花がたくさん咲いていて一人がキバナクリンソウだ、と言った
フラワーフェアリーズの絵本では、開くと左側のページに絵、右側に詩が綴られるのでどんな花も同じ画面内に描かれるため
スケール感が分からず、絵から受けるイメージしていたお花とはずいぶん印象が違った
もう一人のイギリスに住んでいたことのある友人が「イギリスではカウスリップと言ってね、春になると一面に咲くの」と教えてくれた
一面に咲くところを想像しながら、今、カードを持っていなくて写真が撮れないことを残念に思う

今年、イギリス在住のお友達の写真でこのカウスリップとブルーベルが一面に咲くのを見ることになる
私の想像できる一面ってどれほどちっぽけだったの、と思わずにはいられない、一面と言ったら果てしなく一面だった!
シシリーのフラワーフェアリーズの花たちは、こういう景色の中でうまれているのだ、とつくづく思う

そんなわけでこんな景色は見られないけれど、もう一度、去年の景色に会いたくて赤城に行って
今日の一枚は撮ってきました

この花は妖精と縁の深い植物なのだとか
いくつもの花が房になって咲く様子が「鍵の束」に似ていることから「妖精の宝の洞窟を開ける力がある」とされ、
これはプリムローズも同じだそうです
この花には花弁に斑点があり、それは妖精が指で触ったあとだといわれ、これには魔力があるともいわれます
これは、「夏」の巻に登場するジキタリスにも同じ伝承があります
(参考文献:シシリー・メアリー・バーカー著 井村君江 訳・監修 「Flower Fairies 花の妖精 ー英国の花たちー』 2014年 主婦の友社 )



by laurism | 2018-05-18 07:04 | Flower Fairies | Comments(0)
<< 妖精たちのティーパーティ お散... パニエ&プリザーブドフラワー ... >>