ブログトップ

Fiore Spazio 花便り

laurism.exblog.jp

優しい音色がはこぶもの

アメリカ在住のhimicoさんとは、himicoさんが日本に住むお母様にお花を贈るのに、インスタを通して私にご注文くださったことがきっかけで知り合いました


a0252678_08142.jpg


そして次にご帰国された時、お花のレッスンにいらしてくださったのです


a0252678_14483116.jpeg

a0252678_14490343.jpeg

初めてお会いするhimicoさんはいつも拝見する優しい文面から感じられるお人柄そのものの方でした


a0252678_14495402.jpeg


himicoさんはアメリカでボランティアで病院に週に一度ハープの演奏にいらしています




今回、ご帰国時に日本で演奏されるということを偶然知りました


私がたまたま開けたトップにhimicoさんの演奏の日時が載っていてたまたまその日はオフの日で聞きに行くことができました


a0252678_13403956.jpeg


himicoさんが、アメリカの病院でボランティアでハープの演奏をされていること、ご自身が病にかかった時同じように病院で聞いたハープの音色が心に響き、忘れられなかったことはインスタの投稿から知っていました 
この日は、演奏の合間にご自身の口からお話がありました
himicoさんは、乳がんで3回の手術、6回の抗がん剤治療、33回の放射線治療を受け、そのすべての治療が終わった時、これからの人生を大切に生きていこう、自分を大切に生きていこう、そしてやってみたいことをやってみよう、と思って始めたのが、ご自身も病気のとき、聞いたハープだったそうです


a0252678_13390982.jpeg


音が運ぶもの


今回、himicoさんの演奏を聴きながら、言葉にすると受け取る方のその時の心持ちや受け取り方によって想いどおりに正しく伝わらないことも、音楽だとすっと心に寄り添って心の深いところに届くのだと...病院でもどれだけ多くの方がこの音色に励まされているのだろうと...




a0252678_13394850.jpeg




himicoさんの奏でる音色はどれも優しく、ゆったりと身をゆだねて安心できるような曲ばかりでした

そこにいる一人一人に、自分を大切にね、というhimicoさんのメッセージが伝わってくるようでした

私は、毎日をひとつひとつ一番大切なことにフォーカスして生活しているだろうか・・・

たくさんのことを教えてくださったhimicoさん、ありがとう

再会できてうれしかったです

a0252678_13411153.jpeg


by laurism | 2018-11-29 14:35 | お出かけ | Comments(0)
<< 2018 ドマーニ日本橋 クリ... 11月レッスン >>