ブログトップ

Fiore Spazio 花便り

laurism.exblog.jp

カテゴリ:イベント( 30 )

2018 ドマーニ日本橋 クリスマス展

a0252678_08574864.jpeg

今年もドマーニ日本橋にてクリスマス展が始まりました

フィオーレ スパーツィオ からも、8名の方の作品を展示させていただいています


a0252678_08583667.jpeg

毎年、特にこちらからは何も指定せず、それぞれの作ってみたいもの、ご希望の花や色をお聞きして相談しながらどんな作品を作るか決めていきます

毎年、別々にお聞きするのですが、なぜかその年に集まる色というのがあります
昨年はオフホワイトが人気
今年はライムグリーンをご希望された方が多かったです

a0252678_09000858.jpeg


a0252678_09011187.jpeg

クリスマスではありますが、皆さんがご自宅に飾りたいと思うものをお作りいただいています

下の額の作品は、ご自宅では壁に掛けて飾られるご予定なのですが、今回は場所の都合で置いて飾らさていただきました

a0252678_09024522.jpeg


この作品をお作りいただいた方は、クリスマス展は初参加、ご自宅にあるこちらの素敵な器を使ったキャンドルアレンジをナチュラルな感じで仕上げたいというご希望で作られました

a0252678_09032946.jpeg

こちらの作品も、まず使いたい器が先に決まってイメージされました
ご自宅がアイボリーを基調にした明るいお部屋なのでとてもぴったり
a0252678_09044958.jpeg


こちらの方はお気に入りのとても素敵なピッチャーを使ってのアレンジメント
綿の実など温かみのある白の素材がたくさん入ったアレンジメント
ロイヤルブルーのリボンもご自身で探してきてくださいました

a0252678_09052566.jpeg


多肉植物の壁飾りにクリスマスのオーナメントを付けたこちらも初参加の方です
とても楽しんで作ってくださいました

a0252678_09060582.jpeg

こちらの作品も初参加の方の作品です
ガラスの富士山型の花器を以前購入されてお持ちだったのですがお花を生けたことがなかったので今回ぜひこちらを使いたい、とお持ちくださいました
そして、グリーンや苔、枝を使い森の中のイメージでと
アーティスティックな作品に仕上げられました

a0252678_18531452.jpeg

こちらの作品もご自身ですてきな横長のトレイをお持ちくださって白をメインにキャンドルやリーフにシルバーをあしらわれました

a0252678_09182118.jpeg


2つお作りくださった方もいらっしゃいます
1つはキャンドルスタンドにアレンジされました
オフホワイトやゴールドにピンクを入れてクリスマスらしく、とのご希望で花材をお揃えする時、このピンクを見つけて合わせたのですが、ご本人が色々な色味のピンクがあるけれど一番好きなピンクです、とおっしゃってくださいました
皆さん、一年に一度お好きなものを作っていただける機会でそれぞれの方と細かくご希望の花や色を打ち合わせさせていただきますが、皆さんのイメージとピッタリ合ったとおっしゃっていただけるのはとても嬉しいことです

a0252678_09065042.jpeg

もう1つはグリーンのリースで

a0252678_09200757.jpeg

こちらは、唯一男性の参加者の作品
Fiore Spazioに通ってくださる方はほとんどが男性ですが、こちらの方は第1回目から毎回参加してくださっていて、元々器用な方なのだと思いますが、いつもとても丁寧に綺麗にしあげてくださいます

a0252678_09015432.jpeg



今年もライフクリエイト響 田部井先生のテーブルコーディネート、デコールクラーシークさんのテーブルランナーとフィオーレ スパーツィオのコラボテーブルにアレンジメントを作らせていただきました

a0252678_09075007.jpeg

a0252678_09082162.jpeg

まず、デコールクラーシークさんの黒にゴールドのランナーが決まり、田部井先生よりテーブルコーディネートは赤とゴールドで、とお聞きして、フラワーアレンジメントも赤ゴールドのコンポートにさせていただきました


a0252678_09094545.jpeg

a0252678_09102693.jpeg


a0252678_09085439.jpeg

a0252678_09110080.jpeg

a0252678_09115212.jpeg

a0252678_09121569.jpeg


もう1つのテーブルはダームドローズのランナーにホワイトでまとめて
静かな聖夜を思わせるテーブルです

a0252678_09130054.jpeg

a0252678_09140941.jpeg

a0252678_09144355.jpeg

a0252678_09152852.jpeg

a0252678_09160550.jpeg

そしてこちらはヨーロピアングラスペイント リュクス様のテーブルです
皆様、お近くにお越しの節はぜひお立ち寄りください


a0252678_09200396.jpeg



by laurism | 2018-12-05 08:56 | イベント | Comments(0)

第4回 妖精たちのティーパーティ 「植物を描く」

もう、先月のこととなってしまいますが、第4回目となる 妖精たちのティーパーティ「植物を描く」を開催させていただきました
冷たい雨の中、ご参加いただいた皆様にはありがとうございました

フラワーフェアリーズとその花が咲く時季に写真を撮り始めたことがきっかけで今年の春より、それにちなんだティーパーティをしています
今回は浜田山にありますティールーム、ベリーズティさんにお世話になりました
ベリーズティーさんはかわいらしい店内でオーナーの和田さんが選ぶこだわりの紅茶とスコーンやクランペットなどのイギリスのお菓子がいただけるお店です


a0252678_06034759.jpeg

a0252678_07213838.jpg


今回の「植物を描く」は、このティーパーティを始めるにあたって、
今後こんなテーマでやりたいと、第1回目を開催する前からいくつか頭に浮かんでいたテーマの中のひとつでした

それは、私が植物と一緒にフラワーフェアリーズの写真を撮るようになってから
シシリーの描く植物の正確さ、みごとな観察眼に驚かされたことがきっかけです

a0252678_07270164.jpg



フラワーフェアリーズといえば、多くの方は妖精の可愛さの方に目が向くのでしょうが
私は実際の植物と一緒に撮っていると、彼女の描く植物のすばらしさに魅了されます
上のサクランボの枝など、どこまでが絵でどこまでが本物か、わからないほどです
私のフラワーフェアリーズの写真は、合成か加工を施しているのでは、と思われる方もいらっしゃるようですが
私にそのような技術はないのでただただその場所に赴いて一緒に撮っているだけなのです
すべてシシリーの絵のすばらしさによるものなのです

植物を真摯に観察して描くといえば、ボタニカルアート
ボタニカルアートと言えば、私の大切なお友達でもある植物画家の芝田美智子さんにお話しいただきたいと当初からお願いしていて、幸せなことに今回、このような素晴らしい時間が実現することになりました




a0252678_10111422.jpg
植物画家芝田美智子さんは、ウェディングブーケや装花、レッスンなどフラワーデザイナーとして幅広くご活躍の後、ご主人の海外赴任に伴ってイギリスに生活されることになりました
その時せっかく英語を学ぶなら好きなことをしながら学ぼうと出会ったのがボタニカルアートだったそうです
チェルシーフィジックガーデン、英国王立キューガーデンにて植物画を学ばれ、2008年英国王立園芸協会主催のコンテストにてゴールドメダルを受賞されました

a0252678_08534615.jpeg


今回のお話では最初イギリスでボタニカルアートを習いにいかれたとき、日本でお花の仕事をされていたとお話すると、先生がそれは困ったわねとおっしゃられたと言うお話が印象に残ります、お花に対して思い込みがあるからと言うのです
美智子さんはもともとお花が好きだったと言う事はもちろんあると思うのですが、植物画家になるにあたって、きっともう一度、一から植物と向き合われたのだなぁということが感じられます


a0252678_08565061.jpg

今回のお話ではボタニカルアートの4つのきまりなど基本的なことから教えていただき、表現方法の数々へと詳しくご説明いただき、実際にボタニカルアートを描いている方やこれから描きたい方にとってはもちろん、私のように描けないけれどただ鑑賞するだけの人にとっても、これからのボタニカルアートの楽しみ方が何倍にもなる素晴らしいお話でした

最初はお話を中心に、途中からアフタヌーンティーをいただきながらなごやかな中でお話が進みます

a0252678_09403824.jpeg

ベリーズティさんが今回の会にちなんで出してくださったフェアリーケーキ
イギリスには小さなカップケーキに羽が生えているフェアリーケーキと呼ぶケーキがあることも今回初めて知りました

a0252678_09413375.jpeg

a0252678_10255323.jpeg

a0252678_10262266.jpeg

美智子先生には普段使っているお道具なども見せていただきました

a0252678_10213497.jpeg

a0252678_10374728.jpg


a0252678_10222345.jpeg

ほとんどをこの繊細な筆のみで描かれているようですがそのような描き方をする方とはまだ日本ではお会いしたことがないとの事でした



絵もたくさんお持ちくださったのになかなか撮れなかったのですが、こちらは、週末過ごされる山中湖のお宅の近くで採れたきのこ
きのこは寿命が短く次の日には溶けてしまうそうなので、一気にさらさらと描いたものとおっしゃるのですがそれでも細部にわたり描きこまれているようにみえます

a0252678_10434768.jpeg

a0252678_10443654.jpeg

キノコ好きの私としてはとても愛おしい一枚

また、今回お話を伺ってすごく感じたのは、植物を描くということに惜しみない時間と愛情かけていらっしゃるのは言うまでもないことなのですが、それと同じくらいの愛情と時間を植物を観察することにかけているということです
植物画の中には1枚の絵の中に植物の成長過程や季節感を表現する方法もあるようで、どのような種から芽吹き花を咲かせ実をつけ朽ち果てていくかまでをしっかり見届けていらっしゃるのです
その過程で花や実を描き足していくので完成に一年、二年...とかかることもあるようです

a0252678_10534465.jpeg

こちらは一昨年、英国王立キューガーデンにて開催され、昨年は上野の国立科学博物館で開催された「フローラルジャポニカ展」にて出品された作品マムシグサですが、この植物のじつに不思議な成長過程における仕組みなどもお話くださり、画家であると同時に植物学者の一部も担っていらっしゃるようにさえみえました

このほかにもボタニカルアートの歴史などにも触れ、私は数年前に見たバンクス展を思い出しながら、大航海時代にプラントハンターたちと命がけで海を渡り植物とお話ししていた人たちに思いを馳せました


また、今回の妖精たちのティーパーティーに寄せて、シシリー・メアリー・バーカーの描く植物画についてもお話がありました

a0252678_12072129.jpeg

a0252678_12074449.jpeg

ガイラルディアの花の色みや形状の特徴をよく捉えて描かれていること、またポピーでは花や蕾ばかりか、とてもとても細かい種が実からこぼれるところまでを描き、この一枚でポピーの特徴を表現しているところなど、ボタニカルアートの点から見ても、植物をきちんと観察して描かれているということでした
あまり注目されていないけれどこの人の描く植物に温かい眼差しを感じ素晴らしいと思ってきたので、美智子さんご自身でフラワーフェアリーズの本を借りて調べてくださりその本をお持ちくださって、このようなお話をお聞かせくださったことは私にとって今回のとても嬉しい出来事でもありました

a0252678_12224069.jpeg

たくさんの素晴らしいお話をご用意下さった芝田美智子さん、そしてこの和やかな中にも充実した時間をご一緒くださった皆様に感謝いたします

a0252678_12323351.jpeg

a0252678_12331970.jpeg

この会の一週間後、美智子さんの山中湖のお宅が表紙になったガーデンダイアリーという雑誌が発売されました
中には14ページにもわたり、お庭に咲く花や、美智子さんがご主人とお二人で作ってきたお庭の全貌が載っています
美智子さんが描く植物が生まれてくるお庭
ご自身で愛情こめて育てたお花を絵として残してあげる
ティーパーティーの時に美智子さんがお話になられた、フラワーコーディネーターの時はお仕事にやりがいを感じていたけれど、短い植物の命を扱う贅沢さを感じながらどこか花の美しさを留めておきたいと言う願望があったけれど、今は植物を描くことで叶ったと言うお話が思い出されます
私も大好きなお庭、たくさんの方がこの雑誌を手にとってご覧になられると良いですね

最後の一枚は、私がお庭にお邪魔した時の写真を載せさせていただきます

a0252678_12563918.jpeg



by laurism | 2018-10-30 11:06 | イベント | Comments(0)

Tokyo Flower & Green ~花と緑のおもてなし~ 終了いたしました

夏休み最後の週末 8月24日から26日まで開催されましたTokyo Flower & Green
~花と緑のおもてなし~が盛況のうち、終了いたしました

a0252678_08584328.jpeg

今回のイベントでは 東京産の植物を多くの方に知っていただこうと
八丈島からやってきた3メートルのエバーフレッシュをはじめ、たくさんのインテリアグリーンを展示
初日の朝、会場に運び込まれたときは、まだ、葉っぱがお休み中で閉じていたので、そんなに感じなかったのですが
設置するころにはしっかり葉を拡げ、道行く通りの人にもしっかりと心地よい空間をアピール

a0252678_08562791.jpeg

a0252678_08595619.jpeg

a0252678_09091938.jpeg

a0252678_09100687.jpeg

a0252678_09104259.jpeg

a0252678_09110617.jpeg
また、今回は、東京産の苗や枝物、葉物をたっぷり使ったワークショップも開催
いつもは花育チームとしてご一緒させていただいている女子チームで担当

a0252678_09102061.jpeg

私も、一コマだけ「カラーを楽しむコーディネート」として担当させていただきました

いつもは、カラーコーディネート講座はインテリアコーディネート講座のなかで、単独でやっているものを
今回、お花と絡めて、ということでその一部分をお話させていただきました
その中で、カラーカードからご自身のお好きな色を10色選んでどのような色選びをされているかの実習では、トーンで色選びをされる方、色相で色選びをされる方、色々なパターンがあって皆さん周りの方のも見ながら楽しんでいただけたようです

a0252678_09290531.jpeg


a0252678_09294201.jpeg

カラーコーディネートのあとは、実際に皆さんに好きなお花を選んでいただいてブーケを作ります

a0252678_09322072.jpeg

a0252678_09325456.jpeg

明るく光がたっぷり入り、緑が溢れる空間で、皆さん、気持ち良さそうにお花と向き合い、ブーケをくんでいかれます

a0252678_09384265.jpeg

a0252678_09395099.jpeg

a0252678_09410717.jpeg

今回は、お花選びの時、どんな配色で選ぶか考えてから選んでいただいたので、それぞれお好きな色で、同系色、類似色、反対色、多色配色、と色々なブーケが出来上がりました

a0252678_09512043.jpeg

a0252678_09520967.jpeg


a0252678_09552698.jpeg

a0252678_09554772.jpeg

a0252678_09563878.jpeg

a0252678_09575202.jpeg

a0252678_09592687.jpeg

a0252678_09503576.jpeg

今回は、ブーケはじめて、お花はじめてとおっしゃる方が多い中、皆様とてもスピーディに素敵に仕上げていただきました
ご参加くださった皆様ありがとうございました

私は初日、最初のワークショップでしたので、このあとはすっかりリラックスして、他の先生方のワークショップを拝見することができました

毎日、次々と楽しいワークショップが目白押し

森 加奈先生の花セラピー &ハーバリウム

a0252678_10110546.jpeg

先生のお話を聞いたあと、こちらも後ろのたくさんある花の中からご自身でお好きな花をいけます
同じ色の花でも種類が違うとその形にも意味があるようで、選んだ花からご自身の今の心の声を聞くことができるようなのです

a0252678_10195966.jpeg

a0252678_10204204.jpeg

この他にも、同じ花から選んでもたくさんの表現方法が目の前にたくさん出来上がっていくのを楽しく拝見しました
森先生は、最終日には、ハーバリウムもご担当されました

a0252678_10302227.jpeg


真宗 優子先生のハーバリウム & ブーケ

a0252678_10341643.jpeg

ボトルもご自分の好きなものを選んで、それに合わせてお花を選んでいくのは本当に皆さん楽しそう

a0252678_12281129.jpeg

そして、真宗先生のブーケはGreen と蘭のブーケ
グリーンには今回、イベント内でもご紹介してきた東京都産にこだわり、キキョウランをはじめ、たくさんの東京産のグリーンに蘭を合わせ、とても夏らしいブーケを作っていらっしゃいました

a0252678_17344147.jpeg


a0252678_17350760.jpeg

いなばゆかこ先生の夏の花束作り

a0252678_17415417.jpeg

a0252678_17423668.jpeg

a0252678_10210830.jpeg

こちらは、ひまわりやガーベラなど数本で作るブーケ
写真では分かりづらいのですが、ブーケにしたあと、ハランでカバーをし、茎の部分を丸めて取っ手のようにしてバッグのように持ち運べてとても可愛いのです

a0252678_17481339.jpeg

わかりますか?私が手に提げているのがそのバック型ブーケ
この日は朝から真宗先生と外に出て皆さんにワークショップのご案内
手に持っているブーケに皆さん、可愛いと立ち止まってくださいます

入江淳子先生のいけばなワークショップ

a0252678_17525847.jpeg

a0252678_17532504.jpeg

いけばなワークショップでは、伸びやかに涼やかに、ガラスの素敵な水盤にいけていきます

a0252678_10231361.jpeg

以前習っていたけど、最近仕事に忙しくずっとお稽古に行っていなかったけれど偶然通りかかっワークショップに参加した、と久しぶりにお花に触れた喜びを嬉しそうに語る方、初めていけばなを知り参加されて感動され帰国したらぜひ習えるところをさがしたいというニューヨーカー、お花に触れてキラキラと嬉しそうに笑顔で話される皆さんは本当に美しく、こちらまで幸せが伝わってきます

瓜生あずさ先生、水谷由佳先生、木屋理恵子先生のギャザリング

a0252678_18162948.jpeg

こちらは、根がついた植物をブーケのように組んでいき、植え込んだ寄せ植え
今回は、東京産の豊富なグリーンの中から好きなものを選んで作るという贅沢なもの

a0252678_18221718.jpeg

a0252678_18224218.jpeg

土の代わりにベラボンというココナツの皮に植え込んでいくので、室内でも衛生的で、また、根のはりもとても良くなるのだそうです
同じ方法で多肉植物の寄せ植えも体験できます

a0252678_18301677.jpeg

みんな違って、それぞれ可愛く仕上げていらっしゃいました

そして最終日、私たちも参加させていただき、初めてのギャザリングに挑戦

a0252678_18352618.jpeg
 
私たちの嬉しそうなこと

a0252678_09114595.jpeg

そして今回、ご一緒頂いた先生方と

a0252678_18363153.jpeg

今回、このような機会を与えていただきました株式会社第一花き松本社長様、松永様には大変お世話になりありがとうございました
外部のこのようなイベントに参加させていただき、たくさんの素晴らしい先生方とご一緒させていただいたことも、今回の何にも変えがたい経験でした
ご一緒いただきました皆様、ありがとうございました

a0252678_18403486.jpeg



by laurism | 2018-09-01 18:59 | イベント | Comments(0)

Tokyo Flower & green ~花と緑のおもてなし~

いよいよ、今週末、代官山T-SITE GARDEN GALLERY で行なわれるTokyo Flower&green ~花と緑のおもてなし~

ワークショップのタイムスケジュールのサイトがオープンしました


私は、初日の最初に、「カラーを楽しむアレンジメント」を担当させていただきます

当日は、フラワーアレンジメントだけでなくカラーカードから自分の好きな色10色を選んでいただいたり、
カラーコーディネートのお話も致します

a0252678_22105513.jpeg
色とりどりのお花をそろえてお待ちしています

a0252678_22113387.jpeg

a0252678_22120716.jpeg

他にも楽しいワークショップがいっぱいです
ぜひお越しくださいませ



by laurism | 2018-08-21 21:50 | イベント | Comments(0)

Tokyo Flower & Green ~花と緑のおもてなし~ ワークショップ参加

今月末、代官山のT-siteで、Tokyo Flower & Green 〜花と緑のおもてなし〜というイベントがあります
東京都で生産されている観葉植物はたくさんありますが、オリンピックに向けて花と緑でおもてなしをしよう、というもの
同時に街づくりだけでなく、私たちの暮らしの中にもインテリアグリーンを取り入れられるよう、グリーンいっぱいの空間で
花と緑を楽しむ3日間です

先日行ったあるところで、とってもかわいいふわふわの花がついた木がいけてありました
何の植物かお尋ねするとエバーグリーン
この今度のイベントでシンボルツリーとして、八丈島からやってくる大きな木がエバーグリーンとは聞いていたのですが、その時は、エバーグリーンがどんな木か知らず、今回ここで初めて知りました、ねむの木だそうです
すごく大きいと聞いているので、これが大きく立っていたら涼しげでしょうね

a0252678_15222247.jpeg

葉っぱがオジギソウに似ています
ついでに、ここにはオジギソウも咲いていました
花も初めて見ましたが、とても可愛い

a0252678_15231314.jpeg

オジギソウはさわるとこんなふうに葉を閉じますがエバーグリーンは閉じません

a0252678_15234384.jpeg
当日は、たくさんのインテリアグリーンの中で、暮らしに取り入れやすいグリーンのご紹介やメンテナンスのお話などもお聞きいただけます

そして、毎日、ギャザーリングやハーバリウム、生花を使ったアレンジメントなど様々なワークショップが開催されます

私は初日の一番初めに「カラーを楽しむアレンジメント」をさせていただきます
いつもはインテリアコーディネート講座の中ですることが多いカラーコーディネートのお話ですが、今回はフラワーアレンジメントと一緒に
簡単なカラーコーディネートのお話のあとには、みなさんにカラーカードからお好きな色を10色選んでいただいて、専用のシートにはりどんなお色選びをしているかもごらんいただきます

a0252678_14323566.jpeg
フラワーアレンジメントは、カラーコーディネートを意識して、お好きな花をえらんでいただきブーケにしていただきます

a0252678_14325947.jpeg

a0252678_14340147.jpeg
a0252678_14345642.jpeg
最後にどんな感じでお色選びをしてブーケにしてくださったか、お聞かせくださいね
お申込みを開始しています
お申し込みは直接、Fiore Spazio までお願いいたします
お問い合わせもお気軽にしていただきますようお願いいたします

Tokyo Flower & Green 〜花と緑のおもてなし〜
ワークショップ 「カラーを楽しむアレンジメント」

日時:8月24日 (金)13:00〜14:40
場所:代官山 T-SITE GARDEN GALLERY
参加費:4000円 (当日、会場にてお支払いください)

お申し込みは お名前、ご連絡先を明記のうえ、
fiorespazio@gmail.com までお願いいたします

このイベントのページはこちらになります
順次、他の先生方のワークショップもこのサイトでアップされていきます

私もワークショップ当日以外の、土日もお昼から毎日会場にいます
たくさんのグリーンに囲まれた空間にみなさん、ぜひ、リフレッシュしにいらしてください


by laurism | 2018-08-06 16:24 | イベント | Comments(0)

妖精たちの花便り 「植物を描く」 ~植物画家・芝田美智子さんをお迎えして~

この度、第4回妖精たちのティーパーティーを行うこととなりました


シシリー・メアリー・バーカーの描くFlower Fairies

それぞれの花が咲く時季に、フェアリーと花を一緒に写真に撮り続けています


a0252678_08525457.jpeg


今年に入ってからそんなFlower Fairiesやお花が好きな方たちと集うティーパーティを開催しています

本物の植物と写真を撮っていると、シシリーの描く植物は本当によく観察されて描かれていると感心することが多く、今回は、「植物を描く」ということにフォーカスをあて植物画家の芝田美智子さんをお迎えしたトークショーをいたします


a0252678_08411644.jpeg



芝田先生はイギリスにてボタニカルアートを学び、英国王立園芸協会主催コンテストにてゴールドメダルを受賞

2016年9月~17年3月英国キュー王立植物園で開催された日本固有種の植物を描いた作品展に出展、そしてそれが昨年は日本で「Flora Japonica」として国立科学博物館にて展示され、現在は高知の牧野植物園に巡回中です(85まで)


a0252678_08505597.jpeg


今までボタニカルアートとは聞いたことがあってもあまりよく知らなかった方たちにも芝田先生より、ボタニカルアートとは? 道具や描き方、鑑賞のしかたまで、

分かりやすく、楽しくお話いただいてボタニカルアートの魅力に迫ります






妖精たちの花便り

「植物を描く」

~植物画家・芝田美智子さんをお迎えして~

日時:929日(土)11:00-13:30

場所: ベリーズティールーム 杉並区浜田山2‐24‐1      
   https://www.berrystearoom.com/

参加費¥5,000(アフタヌーンティ付き)

お申込み;下記へお名前を明記のうえお申込みください

     定員になり次第締め切らせていただきます

 

お申込み・お問合せ

Fiore Spazio フィオーレスパーツィオ

fiorespazio@gmail.com




a0252678_08501315.jpeg

約15年間、フラワーデザイナーとしてウエディングブーケや装花、レッスン、商業広告のコーディネートなど、幅広く活動
2003年渡英、その時出会った細密な植物画の世界に強い感銘を受けチェルシーフィジックガーデン、英国王立キューガーデンのボタニカルアートコースにて基礎を学ぶ

2008年 RHS英国王立園芸協会主催コンテストにてゴールドメダル 
2011年アメリカ ハント・インティステュート展入選、出品作品が同財団に所蔵される
2011年 表参道差飛渡フルールにて個展
2016年 英国王立キューガーデン「Flora Japonica 」
2017年 国立科学博物館「フローラヤポニカ展」
吉祥寺、浜田山にて、芝田美智子植物画教室主宰


a0252678_09281815.jpeg

a0252678_09290412.jpeg


by laurism | 2018-07-18 09:51 | イベント | Comments(0)

第3回 妖精たちのティーパーティ ~イギリス花紀行~

a0252678_00472164.jpg

今年3月に始まった妖精たちのティーパーティ
第1回は、フラワーフェアリーズの166の詩の完訳と解説を書いた本「花の妖精」を書かれた井村君江先生をお迎えして
a0252678_15502088.jpeg

そして第2回は今まで撮った数あるフラワーフェアリーズのうちの10種類を撮ったお庭に皆さんとお散歩したあと、ブーケレッスンを行いました

a0252678_15511624.jpeg

第3回目となる今回は、今、バラなどお花が一番美しい時期のイギリスで感じた花便りをお届けしたいと思います
今回、イギリスではシシリーメアリーバーカーの故郷でもあるクロイドンに行けることになりました
フラワーフェアリーズのお花たちを撮る時、私が花壇で撮っているような植物もイギリスでは、少し田舎に行けば森や林の中に自然に群生していると聞きます

a0252678_16121605.jpeg

行ってみないとそういうところに出会えるかわからないのですが向こうでも機会があれば撮ってきたいと思います
実際にシシリーが見ていた景色に触れ、何か感じとることができたら嬉しいです
また、今回はグリーンノウシリーズのボストン夫人のマナーハウスやコティングリー村も訪れます

a0252678_02105633.jpeg

ボストン夫人はグリーンノウから入って、キルト作家としても有名なことは知っていたのですが、オールドローズの育種家としても有名な方だったと最近知りました
イギリス最古のマナーハウスでは、存分にグリーンノウの世界に浸り、お庭も散策してきたいと思います
こちらのお話もご紹介できたらと思います

今回はティーパーティではなくブレックファーストを皆さんでご一緒しながら、楽しみたいと思います
もはや、ティーパーティではなくなってしまったので名前を変えようかとも思いましたが、9月の第4回ではティーパーティにもどりますので、名前はとりあえずこのままとさせていただきますね

日曜日の朝早くからですが、終わってから近くでショッピングしたり散策したり、それぞれのご予定にお出かけになって一日を有効に使えるかと思いますので、ぜひ、早起きしてご参加いただきますようよろしくお願いします

第3回 妖精たちのティーパーティ〜イギリス花便り〜


日時:7月8日(日)9:00-11:00

場所:IVY PLACE (代官山駅徒歩5分
代官山Tサイト)
https://www.tysons.jp/ivyplace/

参加費¥4,500(ブレックファースト付き)

お申し込み:お名前を明記の上、fiorespazio@gmail.com
までメールにてお申し込みください
折り返しこちらからご連絡致します
定員になり次第、締め切らせていただきます

毎回、こちらのティーパーティ、一人でご参加される方も多いのですが、お花や妖精が好きな方は趣味や趣向も似ているようで、そのあと、こちらで出会った方どうしの交流も広がっているようです
それこそが、私がこの会を始めるにあたってそんなふうになったらいいな、と感じていたことでした
もともと、フラワーフェアリーズをきっかけに始まったこの会も、私たちといつの時もそばにいてインスピレーションや力を与えてくれる花~植物を、その時々でテーマを決めて、今後もお花好きの集いにしていきたいと存じます

皆さまのご参加お待ちしています







by laurism | 2018-06-08 16:13 | イベント | Comments(0)

純さんの優しいお庭へ

先週、とても嬉しい出来事がありました

a0252678_15362631.jpg


とても素敵なお庭をもつ純さんのお庭でオープンガーデン&マルシェがありました
純さんはすごく丁寧な手仕事を色々されている作家さんでご自宅では刺繍、カルトナージュ、ガラスエッチングやステンシルのお教室をされています
私が純さんのお庭を初めて訪れたのは2年前
a0252678_13500401.jpg
a0252678_13505763.jpg

やさしさに満ちたお庭、そだてているお花も色合いもふんわり優しく、2年前に伺った時は
本当にゆったりゆっくりさせていただき、幸せな気持ちいっぱいに帰路につきました

その大好きな純さんのお庭のオープンガーデンで行われるマルシェになんと今回誘っていただき、
私のフラワーフェアリーズのポストカードやキャンパスアートワークを置いてくださることになったのです
お話があった時には、2年前伺った時のあの幸せな光景が目の前に浮かび
あの憧れの純さんのオープンガーデンに私も参加できるなんて、驚きと嬉しさでいっぱいに
ただただ、楽しくて撮ってきたフラワーフェアリーズで、こんなすてきなことが起こるのですね


お宅に着くとお庭ではお花を愛でる方たちの柔らかな笑顔が
そして中に入ると、マルシェで楽しむ方々の楽しそうな笑い声
a0252678_13561383.jpg

a0252678_13560190.jpg

白が美しいアンティークのナプキンやドライフラワー


a0252678_13554656.jpg

おしゃれなタッセルや・・・
a0252678_13571318.jpg

可愛いお菓子

a0252678_13572465.jpg

そんな中に私のフラワーフェアリーズもご一緒させていただいて♡

a0252678_13553283.jpg

純さんの丁寧な手仕事の数々

a0252678_20340399.jpg

a0252678_13562794.jpg


簡単な縫物も糸がこんがらがって大変なことにしてしまう不器用なわたしにとってはまさに神様の手
ハーダンガー刺繍と言って一枚の布から糸を抜いて作るのだそうです
a0252678_13563454.jpg

お庭の外に出れば、たくさんの植物が心地よい空間でおもてなししてくれています
今回、とっても気になったのはこの子

a0252678_13504171.jpg

ミモザの一種のようですが風にそよぐ葉越しに見る風景が心地よい
a0252678_13511002.jpg
a0252678_13501484.jpg

どこを見ても絵になるお庭
a0252678_13504863.jpg

目を移すところ目を移すところに、細かく可愛い子たちがいっぱいです
a0252678_13495233.jpg
a0252678_13494476.jpg


a0252678_13512268.jpg
a0252678_13515599.jpg


a0252678_13530290.jpg
a0252678_13525500.jpg
このやさしさいっぱいのオープンガーデンに
Flower Fairiesとおじゃまさせていただけて幸せでした
この度は本当にお世話になり、ありがとうございました

当日の様子は純さんの素敵な写真とともにブログからも見せていただくことができます→

a0252678_13564747.jpg


by laurism | 2018-05-26 16:06 | イベント | Comments(0)

妖精たちのティーパーティ お散歩編 @ IMUZIO GARDEN & cafe

おかげさまでお天気にも恵まれ、
先日、「妖精たちのティーパーティー~お散歩編~」が開催されました
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました

2回目の今回は、私のFlower Fairiesの41種類のポストカードのうち
10種類のお花を撮らせていただいたIMUZIO GARDEN のお庭をお散歩したあと、皆さんでランチをご一緒致しました


a0252678_10445115.jpg
IMUZIO GARDEN は、大泉工場という会社の中にあり、
今から5年前にカフェを併設され、広く地域の人たちも四季折々のお花をみせていただけるように
お庭を公開されています

訪れるたびに、Flower Fairiesのお花も次々と咲き
その種類が多いことを知って私も3年ほど前からたびたびお邪魔させていただいては
写真を撮らせていただくようになり、今回、カフェの方でもポストカードやキャンパスアートワークを置いていただきました

a0252678_10440390.jpg

a0252678_10441482.jpg


この日は、朝から晴れわたり、心地よい風がそよぐ中
午後からブーケレッスンにご参加される方のお花を並べて皆さんをお迎えしました

a0252678_11055993.jpeg
まずは、Flower Fairiesについてのお話や、こちらで撮った植物のお話を聞いていただいた後
ヘッドガーデナーである大泉裕美子様より、こちらのお庭の始まりのこと、育てていらっしゃるバラの種類のお話などをしていただきました

a0252678_10580827.jpg

a0252678_10553650.jpg

そしていよいよお庭巡り


a0252678_11440220.jpg

まずは入り口のウェルカムガーデンからスタートです
ここではラベンダーのフェアリーを撮らせていただいています

a0252678_15292353.jpeg
実際のお花とフェアリーを一緒に撮ることで
フェアリーのワンピースのウエストについているお花の絵が本物のお花そのままに写実的に描かれていることなどを
お話させていただきました


a0252678_11473048.jpg


ウェルカムガーデンをそのまま進むとローズフェンス
今年は例年より咲き始めが早かったこともあり、先週来た時より薔薇は少なくなっていましたが、まだまだ、いくつかの薔薇は咲き誇っていて楽しむことができました

a0252678_15020733.jpg

a0252678_16435534.jpeg

a0252678_15270021.jpeg

a0252678_15273861.jpeg
私のフラワーフェアリーズのローズもIMUZIO GARDENのピエール・ドゥ・ロンサールのところで撮っています
40種類あまりあるカードの中ではいつのイベントでもバラがいつも一番人気です
やはり、皆様、バラ好きさんが多いのですね


a0252678_15443081.jpeg

裏に回ってハーブガーデン、キッチンガーデンを進むと前回来た時驚くほど良い香りを放っていた一本の木が
出てくるのですが、今回はたくさんの実になっていて、お聞きするとなんとこれはレモンだそうです

a0252678_10573265.jpg

この写真で皆さんの後ろに見えているこの建物


前から蔵なのかと思っていましたが、なんとこちら防空壕なのだということも今回、裕美子さんより教えていただきました



a0252678_15464914.jpeg

中に入ると下に降りていく階段があるそうで
もしかしたら迎えにある洋館に通じているのでしょうか?
洋館は只今、修復中
中には素晴らしいステンドグラスなどがあり、近いうちに皆さんにも公開してくださるそうですので
また、その時はご一緒にお散歩できたらよいですね

a0252678_15481738.jpeg

a0252678_10572178.jpg
a0252678_10582753.jpg
お散歩コースにご参加くださった方で記念撮影の後はカフェにて美味しいランチをいただき
午後からはご希望者は残っていただき、ブーケレッスンをいたしました


a0252678_10400782.jpg

a0252678_16091824.jpg

a0252678_16092954.jpg

今回、初めて、という方も何人かいらっしゃいましたが
皆さん楽しんで、とても素敵にお作りいただきました
何といっても、この緑いっぱいの木陰の中でブーケを束ねることの気持ちの良いこと
緑の中でブーケもとてもいきいきと自然に溶け込んで幸せな午後のひと時となりました

a0252678_10411993.jpg

a0252678_10413548.jpg
(本日のブーケ)
バラ ‘パープルレイン’
バラ ‘ニューオーリンズ’
バラ ‘ブルーミルフィーユ’
バラ ‘ホワイトバンビーナ’
クレマチス ‘スターリバー’
クレマチス ‘アメイジングオスロ’
ダイアンサス
ニゲラ
スカビオサ
ヒメリョウブ
スモークツリー


a0252678_10420248.jpg

a0252678_10410960.jpg
このすてきな場所でレッスンをさせていただきましたこと、また、お庭を見学させていただけましたこと
IMUZIO GARDEN & Cafe 様に 感謝いたします
今回の様子はIMUZIO GARDEN ヘッドガーデナー裕美子さんのブログでもご紹介いただいています→ https://blog.goo.ne.jp/erizabeth-imuzio

最後に、今年の気候では、どんな植物も1.2週間早く開花してしまって、時期を過ぎてしまっていたバラもあるので、私が今月初めにIMUZIOさんに出かけた際に撮った薔薇の画像も載せておきます

a0252678_23243811.jpeg

a0252678_23274219.jpeg

a0252678_23283139.jpeg

a0252678_23290257.jpeg

a0252678_23294806.jpeg

a0252678_23301347.jpeg

これからも、妖精たちのティーパーティー、楽しい企画を考えていますので
何卒よろしくお願いいたします







by laurism | 2018-05-20 16:24 | イベント | Comments(0)

妖精たちのティーパーティ お散歩編 

a0252678_15521434.jpg



シシリー・メアリー・バーカーの描くフラワーフェアリーズと実際の植物を一緒に
写真に撮り始めて3年が過ぎようとしています
フラワーフェアリーズは妖精たちの可愛さもさることながら、植物の写実性にあり
写真に一緒に撮ることで、その魅力をさらに知ることになりました


今年は、そんなフェアリーのこと、季節の植物のことをテーマに
2,3か月に一度、皆さんと集まれたら・・・と
そんな会を始めました

先月、25日にその一回目、「妖精たちのティーパーティ」を
妖精研究の第一人者井村君江先生をお迎えして開催させていただきました

そして2回目は 今まで撮った40枚あまりのfairiesの写真のうちの
10枚を撮ったお庭にお散歩に行きたいと思います

工場街に位置し、もともと公開するためのガーデンではなかったのですが、
工場敷地内に、四季折々の草花を植え、オープンしたカフェ&ガーデン
先日のブログで、フラワーフェアリーの桜を撮っていたガーデンです

a0252678_05482394.jpg

a0252678_05483198.jpg
カフェの前の芝生が広がるお庭に時期になると
左右に大きく枝を拡げた大木いっぱいに桜が誇らしげに咲き競う姿は
それはそれは見事で、この時ばかりは大変な人でにぎわいます

ただ、その時期を過ぎれば、いつものひっそりとした静かなお庭がもどってきます
そう、ここは工場街の中にあって他には特に見どころもないので
ふだんはとてもひっそりとしていて、私は勝手に、私の秘密の花園と呼んでいました

今回は、こちらのお庭をお散歩しながら、
フラワーフェアリーズに出てくるどんな植物がこちらで撮られたのか
彼女の描く植物の写実性について実際のお花と見比べながらお話をしたいと思います
そして今回はティーパーティではなくガーデンカフェのランチをご一緒します

ちょうどバラが美しい季節、ガーデンを散策しランチをした後
ご希望の方は、広い芝生のお庭でブーケレッスンをいたします

a0252678_08445389.jpg


ブーケレッスンをされない方は、ランチをご一緒した後は
もう一度お庭を見て回られても良いですし自由解散といたします



日時:515日(火)11:00-13:30
(ブーケレッスンご参加の方は1430終了)
JR京浜東北線、埼京線 赤羽駅よりバスとなります
公共交通機関でお越しの方は1015分に赤羽駅東口に集合します
現地に直接いらっしゃる方は、11時までにお越しください

場所:IMUZIO Garden  埼玉県川口市領家5-4-1
(http://www.oks-campus.com/index.php/imuzio)

参加費:ブーケレッスン無しランチ付き \2,500
ブーケレッスン参加ランチ付き \6,000
お申し込み時、どちらで参加されるかお知らせください

お申し込み・お問合せは、fiorespazio@gmail.com までメールにて
お願いいたします
こちらから、折り返しご連絡差し上げます
a0252678_05494252.jpg
こちらのお庭は、ヘッドガーデナーさんが思い出のこのお庭に
最初はバラをコツコツと植え始めたところからはじまったそうです
そのあと、カフェを始められ、今ではお庭も次々と季節の植物で彩られますが
やはりバラが一番種類も多く、ゴールデンウィーク明けあたりから
見ごろを迎えるので、ちょうど今回、皆様にもいろいろなバラを楽しんでいただけるのではないかと楽しみにしています


a0252678_05495639.jpg
a0252678_05510858.jpg
a0252678_05514515.jpg

上の写真は、去年のこちらのお庭より・・・
上のようなお昼間もきれいなのですが、私のすきなのは夕暮れ時のお庭
白い花はより一層ぼんやりとした薄暗さの中に白を浮かび上がらせて輝く
黄昏時、かわたれ時・・・そして先日、逢魔時と呼ぶのだとも知もりました
境界線・・・こちら側と向こう側のはざかいの時  
まさに妖精はこんな時にいるのかもしれません


a0252678_15224646.jpeg
a0252678_15231171.jpeg

a0252678_15240438.jpeg
a0252678_15230030.jpeg

a0252678_15235090.jpeg
a0252678_15233024.jpeg

それでは当日、お天気に恵まれますことを祈って
皆様とお会いできることを楽しみにしております
(もし、雨が降りましてもイベントは行います)


by laurism | 2018-04-19 09:08 | イベント | Comments(0)