ブログトップ

Fiore Spazio 花便り

laurism.exblog.jp

<   2014年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

年の終わりに

今年も残すところ、あと数時間になりました
年の初めに、今年はこうありたい、と大きな希望を抱く人、小さな目標をたてる人、
それぞれ違いはあっても、年が変わる時には何かしら人それぞれ思うもの
私も去年、年が変わる時、いくつかやりたいこと、会いたい人を思い描きました
今年も色々な方に出会い、たくさんのあたたかい繋がりに支えられて
たくさんの素敵な時間を過ごせたことに感謝しています
その一方、できなかったこと、やり残したこともいくつもあります
このブログの更新もその一つ
自分の覚えや記録としても本当はもっとたくさん残しておこうと思いながら、
私の場合、どうしても一番後回しにしてしまいがち
来年は、サクサクと写真の整理やブログの更新ができるように、というのが
新しい年を迎えるにあたって思う事のひとつです

そんなわけで今年最後のブログは、書いていなかったけど今年の思いでの一つ
フレデリック・ギャリーク氏のレッスン風景
先月、パリのフローリストフレデリックのレッスンがジャルダンノスタルジックで開催されました
私はシャンペートルブーケに参加
a0252678_17284071.jpg
a0252678_17292848.jpg

まずは、フレデリックがデモンストレーションをして見せてくれます
とても物静かで穏やかなお話のされ方の中にもなぜ花にふれるのか、
何を思ってデザインするのかが一つずつの言葉の中に丁寧に語られ、こちらの心の中に
すーっとしみこんでくるように響きます
私はフランス語がわからないので通訳を介して聞いていて
もちろん通訳のきよみさんがお上手なのもあると思いますが、
まるで自分がフランス語がわかっているようにフレデリックの言葉が直接届いてくるような
不思議な感覚を体験しました
今回のレッスンで学んだ一番大きなこと・・・お花に対する精神性
自分もなぜお花をしているのか、改めて原点にたちかえり、色々な事を見つめなおす、
そして自分の思いを再確認したり、納得できたり…多くの事を得た貴重な時間となりました
a0252678_17364950.jpg
a0252678_17521676.jpg
a0252678_17373595.jpg

デモンストレーションでできあがったブーケを眺めながら
タカさんのスイーツでティーブレイク
こちらもとても幸せな時間、平日しかなかなかお店に行けない私は、
土日のみ食べることのできるタカさんのスイーツをいつもうらやましく思っていたから
a0252678_17381546.jpg

そしていよいよそれぞれブーケを組んだあとは自分のブーケと一緒に
記念撮影もしていただきました
a0252678_1739999.jpg

a0252678_17454838.jpg


そして、さらにもうひとつ、ちっちゃなブーケを・・・とデモンストレーションを
a0252678_17472969.jpg
a0252678_1748236.jpg
a0252678_17535270.jpg
a0252678_17491559.jpg
a0252678_1755628.jpg

どんなブーケを作っても、物語性のあるフレデリックの世界が感じられるブーケ
たくさんの事が伝わってきたレッスンでした

今年もお花を通し、多くの人と出会い、たくさんの事を学んだ一年となりました
来年もまた、皆様との繋がりを大切に、日々、大切に過ごしていきたいと思います

来月のレッスンは、引き続き、お申込み受付中です
1月8日午後   川口クラス:フレッシュフラワー、プリザーブドお好きな方をチョイス
1月13日午前  日本橋 プリザーブド:丸いボックスを使ったアレンジ¥9500
1月13日午後  日本橋 ブーケ :¥8000
1月22日午後  日本橋 レギュラー: キャンドルアレンジ ¥8500  

今年もお世話になりありがとうございました
皆様にとって、新しい年が佳き一年でありますように!
by laurism | 2014-12-31 21:02 | flower | Comments(0)

クリスマス展 @ ドマーニ日本橋

ただ今ドマーニ日本橋にて開催中のクリスマス展

a0252678_2413438.jpg

今年も、テーブルコーディネート:ライフクリエイト響様、タッセル&ホームファニッシング:Decor CLASSIQUE様、グラスペイント:LUXE様とともにFiore Spazioからも12名の方がご参加くださっています

普段、生花のレッスンしか受けたことのない方も、1ヶ月と会期が長いため、
プリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワーに初挑戦

皆さんの作品はデジブックにまとめてみましたデジブック→click

ライフクリエイト響様のコーディネートテーブル
a0252678_274164.jpg

a0252678_2393299.jpg


こちらはグラスペイントLUXE様
a0252678_2103464.jpg


先日10日には、クリスマスパーティーも開催されました
背の高い木にデコールクラシークさんのタッセルを飾り付けていきます
a0252678_2124957.jpg
a0252678_213452.jpg

ライフクリエイト響 土田先生によるパーティのマナー講座
今回は初めての方同士が多く、そんなパーティで交流を深めるマナーや、
欧米と日本のパーティの違いなど、楽しみながら為になるお話もいっぱい
a0252678_2143542.jpg

そしてパーティー後半は、大塚雄一さんによるボタン式アコーディオンのライブ
まるでパリの街角にいるような素敵な時間を楽しみました
a0252678_2162986.jpg

私が担当させていただいたテーブルのお花は森をイメージして
綿の実やレプトスペルムムを入れて白でまとめました
今回、ドレスコードがクリスマスをイメージしたアイテムを身につけることだったのですが
ベストドレッサー賞3人の方にこちらを花束にしてお持ち帰りいただきました
a0252678_2171214.jpg
a0252678_2174720.jpg

ドマーニ日本橋ではただいまランプ&ラグフェアを開催中
一年でも一番たくさん、100台あまりのランプをご覧いただけます
a0252678_2184150.jpg
a0252678_2191274.jpg

また、老舗高級オルゴールメーカー“リュージュ社”と、“ポーター社”製のオルゴールを期間限定で体感いただけます。
東京駅、日本橋にいらした時にはぜひお立ち寄りください
a0252678_222182.jpg
a0252678_2252969.jpg

by laurism | 2014-12-17 02:43 | イベント | Comments(0)

クリスマスリース レッスン

今年も残すところ、あと、半月となりました
クリスマスも、もうそこまでやってきて皆様、クリスマスプレゼントの準備など整いましたか?
ブログの更新が遅れ遅れですが、先月行ったクリスマスリースのレッスンです

いつも、出来合いのリースベースに巻いてしまうのですが、
今年はわらをまあるく束ねるところから
初めてやる時は少し大変に感じるかも知れませんが、一度覚えてしまうと好きな大きさ、
すごく大きい物でも自由自在にリースベースが作れてしまうので便利です
a0252678_6472760.jpg

そしてベースができたら、モミの木、ヒムロスギ、ブルーアイス、雪冠杉、
ひたすらグリーンをまいていきます
みなさん、だんだん無口になって、ひたすら巻き巻き
a0252678_6482424.jpg

グリーンの良い香りが立ち込めて森の中にいるよう
a0252678_6502534.jpg

たっぷりのグリーンを巻いたらかわいい実ものを
a0252678_651424.jpg

今年特にお気に入りは、こちら
レプトスペルムム  何度繰り返しても覚えられない名前・・・
a0252678_6514556.jpg

皆さん、途中で、まだ終わらない・・・と少し弱気になられた場面もありましたが
続々とできあがってきました
a0252678_6534119.jpg

a0252678_6544698.jpg
a0252678_6552575.jpg

あの時、大変・・・とのお声も聴かれましたが、嬉しいことに先日、
リースは大変でしたが毎日リースを見るたびに達成感&満足感Maxです、と
メールをいただきました
そんな風にひと月あまり、ご自身のリースを愛でていただけたら嬉しいです

レッスン告知の時、私が見本で作ったリース
最初に上の写真のものを作りました
今年のリースはこれ、と思って作ったもの
ただ、もしかすると少し色味がある方が好きな方もいらっしゃるかも、と
羽をペッパーベリーに変えたものの写真も撮りました
そしてみなさんが選ばれたのは、私のイメージとは逆に9割方の人が下のペッパーベリーを希望されました
一般的な好みって、そうなんですね・・・
a0252678_7194130.jpg
a0252678_7201649.jpg


(クリスマスリース)
  わら
  モミの木
  ヒムロスギ
  雪冠杉
  ブルーアイス
  レプトスペルルム
  プルニア
  羽  or  ペッパーベリー
  トナカイオーナメント
by laurism | 2014-12-16 07:22 | レッスン | Comments(0)

‘和ばらを愉しむ’

先月開催いたしましたFlower Fairies展の中のSpecial Event として開催した
‘和ばらを愉しむ’
ご参加いただきました皆様と和やかなひとときを過ごせましたこと、感謝いたしております

a0252678_5383950.jpg


これまでの展示会では、会期中、演奏家の方にライブをしていただいたり、自分が少しデモをさせていただいたりしておりました
昨年、来年展示会をするのであれば、その中でのイベントは何をしよう、と考えていた
ちょうどその時にROSE FARM KEIJIさんが、これからは日本全国どこへでもご要望があればイベントでおじゃまします!と書かれていたのを目にしました
以前から、和ばらが大好きだった私は、無謀にも、そうだ、次回はこれ、と早速、まずは農園に見学に行きたいとメールを送らせていただいたのがちょうど一年前になります

それから展示会をいつにするか、5月11月を候補にしてお聞きしたところ、5月は西武ドームでのバラとガーデニングショーがあり、その時期は沢山のばらを出荷してしまうとのことでしたので、会期は11月にしようと決めました
今まで、他のテーマの展示会は秋に行ったこともありましたがFairiesをテーマにしたものの秋は初めて
結果、今までの季節で紹介してきたFairiesとちがうFairiesに日の目があたったのはかえって良かったことの一つです

今までレッスンで和ばらを送っていただいたこともありましたが今回は、花びらへの傷などを考慮され発送では送らないフルブルームの和ばらも、國枝さんに直接新幹線でお持ちいただけたことで、ご参加の皆様にもじゅうぶんご覧いただけたことは何よりもうれしく思います

a0252678_5575141.jpg

a0252678_5584353.jpg


ROSE FARM KEIJI 國枝様には、スライドによる農園のお話と
2種類のデモンストレーションをしていただきました
こちらは今年の新品種  風月とこよみ
風月は突然変異で何本かに一本、花弁の一部にピンクがさすものができるとのこと
今回もピンクのさした子がいました
そして、リクエストしたときは数もあまりないので出せるかどうか、とお聞きしていた
こよみちゃんがこんなにたくさん  とてもレアな子たちで作ったブーケ
a0252678_892694.jpg


最初にお話しした通り、ちょうど自分がイベントを考えていたそのタイミングで全国どこでも、というお話を知って、大好きな和ばらに、とお願いしたものの、個人的なイベントに大丈夫だったのかしら、と思うところ、快くお引き受けくださった國枝様
農園にお邪魔した時も思いましたが、啓司さんと健一さんのお人柄にふれ、
この繊細な優しい和ばらたちはこのおふたりに育まれているのだな、と感じ入りました
それにしても、Fairiesのイベントに急に、和ばら、その関連性をどう持たせるのか?と
Flower Fairiesにはさまざまな花が登場しますが、その中でもばらは一番登場回数が多く
私たちが一番よく見る薔薇の妖精の絵の他にも、野ばらやローズヒップ、
そしてばらの花がらと思われる妖精などとFlower Fairiesにも深いかかわりのあるお花だから、と私なりに理由づけてみていました
a0252678_8454430.jpg

そうしたらイベントも終わり、國枝さんと歓談させていただいた席で最後の最後に何でFlower Fairies展に國枝さんだったのかの答えをご本人のお話の中に見つけました!
國枝さんはそんなこととは知らずお話されているのですけど・・・
何とおうちで健一さんはお父様啓司さんから妖精と呼ばれているそうです
こんな風にFlower Fairiesにつながるとは・・・!
この度はお世話になり本当にありがとうございました
a0252678_603430.jpg


そしてご参加くださった皆様もありがとうございました
デジブックにまとめましたのでご覧いただけたら嬉しく存じます
デジブックはこちらからclick
by laurism | 2014-12-06 22:07 | Flower Fairies | Comments(0)

Fiore Spazio 2014 Flower Fairies 展

あっという間に師走へと月は変わり、すっかりご報告とお礼が遅れてしまいましたが
先月はお忙しい中、Flower Fairies展には多くの方にご来場いただきありがとうございました

a0252678_2292450.jpg

搬入日以外はお天気にも恵まれ、やはりフィオーレの森は自然に恵まれた
とても気持ちのよいところです
今回も展示スペースとなる星のミュージアムの他に、この写真の右奥の森、椿径でも
フェアリーたちが皆様をお迎えしました  
本来の展示スペース以外にもこちらにもフェアリーを持ち込むことをご了承いただいているフィオーレの森様には感謝しております
屋外の自然の中にも、フェアリーたちを飾らせていただいていることに、このフェアリー展の意義を感じているからです

a0252678_22204842.jpg


a0252678_2221154.jpg
a0252678_22251794.jpg


ちょうど季節柄、森の中にはたくさんの木の実が落ちていました
実際この森でひろったくぬぎの実をミュージアムのウインドウの中に作った森にも飾りました
a0252678_2245515.jpg


今回は前回にも増して、ゆっくり本を手にとって眺めてくださる方が多かったことも嬉しかったです
a0252678_22505437.jpg
a0252678_13184812.jpg
Flower Fairies 妖精と聞くとふわふわと可愛らしい幻想的なものを想像する方も
いるかもしれません
シシリーメアリーバーカーの描く妖精の絵には実にたくさんの植物が登場しますが
そのどれもが実際の植物を丁寧に観察し書き写すところから始まっており、
まるで図鑑のように忠実に再現されています  
時に実物が見当たらない植物に対しては、キューガーデンの協力も得て植物標本をもとに
できるだけ写実的に描く事につとめたといいます
決してふわふわと想像上のものを描く、というものではありません
そして、その写実的な植物の一部がまた、そのままに、妖精のコスチュームのモチーフに
使われています
それは、花そのものだたっり、めしべだったり、実であったり・・・
こんなところにここが使われている!と言う発見もまた、シシリーの描くFlower Fairiesの
楽しさのひとつなので、いろいろな花の種類や形状を知っていれば知っている人ほど、
楽しめるのではないでしょうか?
私は、花の上にちょこんと腰かけて一生懸命ボタン付けしているそのボタンがタンジーの花だったり、福寿草のガクが、福寿草の妖精の襟の部分だったりするのを見ては
微笑んでしまいます

a0252678_23162771.jpg


今回もたくさんの方々の笑顔にお会いでき、いろいろお話させていただけてありがとうございました
a0252678_23184725.jpg

a0252678_23191512.jpg



そんな中でも今回の一番のサプライズ
実は前回の展示会の時、Flower Fairies で検索していて辿り着いたあるブログ
Flower Fairiesについての記事がきっかけでおじゃましたページなのですが、その後も
雪の結晶や星、月といった自然界にある素敵な事象について詳しいこのブログに
時々おじゃましては楽しませていただいていました  
そして、ずっと一方的に楽しませていただいているだけだったのですが、
今回、少しお尋ねしたいことがあり勇気を出してメールをさせていただきました
そして、私はFlower Fairiesにまつわる展示会をするので少しお尋ねしたかった旨だけ
お伝えしておわるはずでした
そうしたらなんと、その方が私がどこで展示会をしているのかいろいろ検索をかけて探して
会場にいらして下さったのです  
私の方はずっと、ブログを拝見していた方が目の前にいらっしゃる不思議さとFlower Fairiesがきっかけで出会ったご縁にとてもうれしい瞬間でした

a0252678_13315253.jpg


ブログを拝見していたときは全然わからなかったのですが、偶然にも好きな色味や好みが似ていたりと、とても初めてお目にかかる感じがしなくて、たくさんお話させていただきとても楽しいひと時を
過ごさせていただきました
a0252678_2336385.jpg



emiさんのブログ:今日も星日和

このほかに本当に多くの方とお目にかかる事ができました
どちらかでこの展示会のご案内を見つけてくださり、ずっとパソコンに貼って毎日見ながら
会期を待ってくださっていた、とお話し下さった遠くからお越しくださった方もいらっしゃいました
これからもますますお花を通して、皆様と繋がっていけますよう感謝をこめて

そして、今回も会場内を彩った花々、お家に連れ帰って下さった皆様、ありがとうございました
a0252678_13272327.jpg
a0252678_13322768.jpg
a0252678_13321550.jpg
a0252678_13325267.jpg
a0252678_13324054.jpg
a0252678_13313597.jpg





そして、この会期中に開催されましたもうひとつのSpecial Event ‘和ばらを愉しむ’に
つきましては次のページに別にご報告させていただきます

by laurism | 2014-12-06 20:57 | Flower Fairies | Comments(0)