ブログトップ

Fiore Spazio 花便り

laurism.exblog.jp

<   2018年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ガラス花器&アーティフィシャルフラワー

梅雨入り前、そして暑くなる前の今、さわやかで一番良い気候の毎日です

今月のレギュラーレッスンは活けこみのレッスン

a0252678_06050328.jpg

こちらの可愛いスプレー咲きのバラは、和ばら・てまり
a0252678_06113838.jpg

ブルーベリーの浅いグリーンがさわやかです

a0252678_06044714.jpg


少し涼し気にガラス花器へ挿していきます

a0252678_06052455.jpg

a0252678_06053808.jpg

芍薬が蕾なのでこれが一斉に開いてきたらもっとボリュームのある大きなアレンジになってきます

a0252678_06194721.jpg
a0252678_06212210.jpg


今月は、アーティフィシャルフラワーでスワッグを作りたいというリクエストもいただきました

これから迎えるうっとうしい季節の前にお部屋の中をさわやかにしたいとのことで
ご希望の色合いの画像もおくっていただいたので、そのイメージで花材をご用意しました

a0252678_06073474.jpg
a0252678_06082086.jpg

壁に掛けるスワッグに仕立てています
通常、アーティフィシャルフラワーのレッスンは毎月しているわけではないのですが
ご希望があれば、いつでもリクエストにあわせて材料のご用意ができますので
リクエストがあれば、ご遠慮なくお問合せ下さい
お待ちしています

a0252678_06085721.jpg



by laurism | 2018-05-27 05:55 | レッスン | Comments(0)

純さんの優しいお庭へ

先週、とても嬉しい出来事がありました

a0252678_15362631.jpg


とても素敵なお庭をもつ純さんのお庭でオープンガーデン&マルシェがありました
純さんはすごく丁寧な手仕事を色々されている作家さんでご自宅では刺繍、カルトナージュ、ガラスエッチングやステンシルのお教室をされています
私が純さんのお庭を初めて訪れたのは2年前
a0252678_13500401.jpg
a0252678_13505763.jpg

やさしさに満ちたお庭、そだてているお花も色合いもふんわり優しく、2年前に伺った時は
本当にゆったりゆっくりさせていただき、幸せな気持ちいっぱいに帰路につきました

その大好きな純さんのお庭のオープンガーデンで行われるマルシェになんと今回誘っていただき、
私のフラワーフェアリーズのポストカードやキャンパスアートワークを置いてくださることになったのです
お話があった時には、2年前伺った時のあの幸せな光景が目の前に浮かび
あの憧れの純さんのオープンガーデンに私も参加できるなんて、驚きと嬉しさでいっぱいに
ただただ、楽しくて撮ってきたフラワーフェアリーズで、こんなすてきなことが起こるのですね


お宅に着くとお庭ではお花を愛でる方たちの柔らかな笑顔が
そして中に入ると、マルシェで楽しむ方々の楽しそうな笑い声
a0252678_13561383.jpg

a0252678_13560190.jpg

白が美しいアンティークのナプキンやドライフラワー


a0252678_13554656.jpg

おしゃれなタッセルや・・・
a0252678_13571318.jpg

可愛いお菓子

a0252678_13572465.jpg

そんな中に私のフラワーフェアリーズもご一緒させていただいて♡

a0252678_13553283.jpg

純さんの丁寧な手仕事の数々

a0252678_20340399.jpg

a0252678_13562794.jpg


簡単な縫物も糸がこんがらがって大変なことにしてしまう不器用なわたしにとってはまさに神様の手
ハーダンガー刺繍と言って一枚の布から糸を抜いて作るのだそうです
a0252678_13563454.jpg

お庭の外に出れば、たくさんの植物が心地よい空間でおもてなししてくれています
今回、とっても気になったのはこの子

a0252678_13504171.jpg

ミモザの一種のようですが風にそよぐ葉越しに見る風景が心地よい
a0252678_13511002.jpg
a0252678_13501484.jpg

どこを見ても絵になるお庭
a0252678_13504863.jpg

目を移すところ目を移すところに、細かく可愛い子たちがいっぱいです
a0252678_13495233.jpg
a0252678_13494476.jpg


a0252678_13512268.jpg
a0252678_13515599.jpg


a0252678_13530290.jpg
a0252678_13525500.jpg
このやさしさいっぱいのオープンガーデンに
Flower Fairiesとおじゃまさせていただけて幸せでした
この度は本当にお世話になり、ありがとうございました

当日の様子は純さんの素敵な写真とともにブログからも見せていただくことができます→

a0252678_13564747.jpg


by laurism | 2018-05-26 16:06 | イベント | Comments(0)

THE WOOD-SORREL FAIRY

a0252678_07175164.jpg

THE SONG OF THE WOOD-SORREL FAIRY

In the wood the trees are tall,
Up and up they tower;
You and I are very small ━
Fairy-child and flower.

Bracken stalks are shooting high,
far and far above us;
We are little, You and I,
But the fairies love us.

~Cicely Mary Barker FLOWER FAIRIES OF THE SPRING~ より

いつもフェアリーは、どこか咲いているところがないかと思いながら歩いていて
出会ったものを撮っているので、基本、外で撮ることになる
今年のミヤマカタバミは、めずらしく、家のベランダの子です
この時期、歩いているとよく見かけるカタバミですが
たいていはこんなピンク色だったり、黄色が多く・・・

a0252678_07522415.jpg

Flower Fairiesのような白いカタバミにはなかなか出会ったことがない中
3年ほど前に一か所だけ白いカタバミを見つけてそれからはそこで撮っていました
今のところ、私が見つけらる白いカタバミはそこだけ
そこは20台ほどの車が停まる舗装されていない駐車場
去年も時期になりましたので出かけて行っては撮っていました
写真はお昼間の強い日差しの中でもコントラストが強すぎてうまく撮れなくて
だからと言って朝や夕方行っても、日は十分あるのに朝は8時ではまだ花が開いていなくて・・・
夕方も日が長く6時過ぎまで明るいのだから5時ぐらいなら大丈夫か、と思えば
今度はもう花が閉じていて、あの子たちはお日様が出ているかで判断しているのではなく
一日何時間は開花していよう、と決めているのでしょうか?
そんなわけで、何日か通い詰めていたある日、駐車場の隣のお宅のお庭から
少し年配の男性に「よく、その花を撮っているけど、よほどその花が気に入ったのか?」と
声を掛けられびっくりしていると、「それはおじさんが植えたんだ」とおっしゃいました
他にもたくさん生えている雑草と同じで自然に生えているとばかり思っていて勝手に撮らせていただいていたことを謝ると、どうやら、ぜんぜん気づいていませんでしたが私がやってきては写真を撮っているのをご覧になっていたようです
「ちょっと待ってて」と奥から陶製のりっぱな鉢とシャベルを持っていらして勢いよく掘り起こして大きな鉢に分けてくださいました
恐縮する私に丈夫だから家で育ててみて、とおっしゃってくださったカタバミが今年、花を咲かせたのが今日の一枚
少し前からお花が咲き始めていたことは分かっていたのですが、家にあると思うとついつい安心していたら、少しお花が終わりかけになってしまいました

昨年、おじさんに出会った時の駐車場のカタバミが現在、カードになっている方のカタバミです


a0252678_06561692.jpg




by laurism | 2018-05-26 06:56 | Comments(0)

妖精たちのティーパーティ お散歩編 @ IMUZIO GARDEN & cafe

おかげさまでお天気にも恵まれ、
先日、「妖精たちのティーパーティー~お散歩編~」が開催されました
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました

2回目の今回は、私のFlower Fairiesの41種類のポストカードのうち
10種類のお花を撮らせていただいたIMUZIO GARDEN のお庭をお散歩したあと、皆さんでランチをご一緒致しました


a0252678_10445115.jpg
IMUZIO GARDEN は、大泉工場という会社の中にあり、
今から5年前にカフェを併設され、広く地域の人たちも四季折々のお花をみせていただけるように
お庭を公開されています

訪れるたびに、Flower Fairiesのお花も次々と咲き
その種類が多いことを知って私も3年ほど前からたびたびお邪魔させていただいては
写真を撮らせていただくようになり、今回、カフェの方でもポストカードやキャンパスアートワークを置いていただきました

a0252678_10440390.jpg

a0252678_10441482.jpg


この日は、朝から晴れわたり、心地よい風がそよぐ中
午後からブーケレッスンにご参加される方のお花を並べて皆さんをお迎えしました

a0252678_11055993.jpeg
まずは、Flower Fairiesについてのお話や、こちらで撮った植物のお話を聞いていただいた後
ヘッドガーデナーである大泉裕美子様より、こちらのお庭の始まりのこと、育てていらっしゃるバラの種類のお話などをしていただきました

a0252678_10580827.jpg

a0252678_10553650.jpg

そしていよいよお庭巡り


a0252678_11440220.jpg

まずは入り口のウェルカムガーデンからスタートです
ここではラベンダーのフェアリーを撮らせていただいています

a0252678_15292353.jpeg
実際のお花とフェアリーを一緒に撮ることで
フェアリーのワンピースのウエストについているお花の絵が本物のお花そのままに写実的に描かれていることなどを
お話させていただきました


a0252678_11473048.jpg


ウェルカムガーデンをそのまま進むとローズフェンス
今年は例年より咲き始めが早かったこともあり、先週来た時より薔薇は少なくなっていましたが、まだまだ、いくつかの薔薇は咲き誇っていて楽しむことができました

a0252678_15020733.jpg

a0252678_16435534.jpeg

a0252678_15270021.jpeg

a0252678_15273861.jpeg
私のフラワーフェアリーズのローズもIMUZIO GARDENのピエール・ドゥ・ロンサールのところで撮っています
40種類あまりあるカードの中ではいつのイベントでもバラがいつも一番人気です
やはり、皆様、バラ好きさんが多いのですね


a0252678_15443081.jpeg

裏に回ってハーブガーデン、キッチンガーデンを進むと前回来た時驚くほど良い香りを放っていた一本の木が
出てくるのですが、今回はたくさんの実になっていて、お聞きするとなんとこれはレモンだそうです

a0252678_10573265.jpg

この写真で皆さんの後ろに見えているこの建物


前から蔵なのかと思っていましたが、なんとこちら防空壕なのだということも今回、裕美子さんより教えていただきました



a0252678_15464914.jpeg

中に入ると下に降りていく階段があるそうで
もしかしたら迎えにある洋館に通じているのでしょうか?
洋館は只今、修復中
中には素晴らしいステンドグラスなどがあり、近いうちに皆さんにも公開してくださるそうですので
また、その時はご一緒にお散歩できたらよいですね

a0252678_15481738.jpeg

a0252678_10572178.jpg
a0252678_10582753.jpg
お散歩コースにご参加くださった方で記念撮影の後はカフェにて美味しいランチをいただき
午後からはご希望者は残っていただき、ブーケレッスンをいたしました


a0252678_10400782.jpg

a0252678_16091824.jpg

a0252678_16092954.jpg

今回、初めて、という方も何人かいらっしゃいましたが
皆さん楽しんで、とても素敵にお作りいただきました
何といっても、この緑いっぱいの木陰の中でブーケを束ねることの気持ちの良いこと
緑の中でブーケもとてもいきいきと自然に溶け込んで幸せな午後のひと時となりました

a0252678_10411993.jpg

a0252678_10413548.jpg
(本日のブーケ)
バラ ‘パープルレイン’
バラ ‘ニューオーリンズ’
バラ ‘ブルーミルフィーユ’
バラ ‘ホワイトバンビーナ’
クレマチス ‘スターリバー’
クレマチス ‘アメイジングオスロ’
ダイアンサス
ニゲラ
スカビオサ
ヒメリョウブ
スモークツリー


a0252678_10420248.jpg

a0252678_10410960.jpg
このすてきな場所でレッスンをさせていただきましたこと、また、お庭を見学させていただけましたこと
IMUZIO GARDEN & Cafe 様に 感謝いたします
今回の様子はIMUZIO GARDEN ヘッドガーデナー裕美子さんのブログでもご紹介いただいています→ https://blog.goo.ne.jp/erizabeth-imuzio

最後に、今年の気候では、どんな植物も1.2週間早く開花してしまって、時期を過ぎてしまっていたバラもあるので、私が今月初めにIMUZIOさんに出かけた際に撮った薔薇の画像も載せておきます

a0252678_23243811.jpeg

a0252678_23274219.jpeg

a0252678_23283139.jpeg

a0252678_23290257.jpeg

a0252678_23294806.jpeg

a0252678_23301347.jpeg

これからも、妖精たちのティーパーティー、楽しい企画を考えていますので
何卒よろしくお願いいたします







by laurism | 2018-05-20 16:24 | イベント | Comments(0)

THE COWSLIP FAIRY


a0252678_08012851.jpg

THE SONG OF THE COWSLIP FAIRY

The land is full of happy birds,
And flocks of sheep and grazing herbs.

I hear the songs of larks that fly
Above me in the breezy sky.

I hear the little lambkins bleat;
My honey-scent is rich and sweet.

Beneath the sun I dance and play
In April and in merry May.

The grass is green as green can be;
The children shout at sight of me.

~Cicely Mary Barker FLOWER FAIRIES OF THE SPRING~ より

キバナクリンソウ
私はこの花を実際に見るまでは、このシシリーのフラワーフェアリーズの絵の中で知るのみだった
昨年、友人たちと赤城自然園に行ったとき、この花がたくさん咲いていて一人がキバナクリンソウだ、と言った
フラワーフェアリーズの絵本では、開くと左側のページに絵、右側に詩が綴られるのでどんな花も同じ画面内に描かれるため
スケール感が分からず、絵から受けるイメージしていたお花とはずいぶん印象が違った
もう一人のイギリスに住んでいたことのある友人が「イギリスではカウスリップと言ってね、春になると一面に咲くの」と教えてくれた
一面に咲くところを想像しながら、今、カードを持っていなくて写真が撮れないことを残念に思う

今年、イギリス在住のお友達の写真でこのカウスリップとブルーベルが一面に咲くのを見ることになる
私の想像できる一面ってどれほどちっぽけだったの、と思わずにはいられない、一面と言ったら果てしなく一面だった!
シシリーのフラワーフェアリーズの花たちは、こういう景色の中でうまれているのだ、とつくづく思う

そんなわけでこんな景色は見られないけれど、もう一度、去年の景色に会いたくて赤城に行って
今日の一枚は撮ってきました

この花は妖精と縁の深い植物なのだとか
いくつもの花が房になって咲く様子が「鍵の束」に似ていることから「妖精の宝の洞窟を開ける力がある」とされ、
これはプリムローズも同じだそうです
この花には花弁に斑点があり、それは妖精が指で触ったあとだといわれ、これには魔力があるともいわれます
これは、「夏」の巻に登場するジキタリスにも同じ伝承があります
(参考文献:シシリー・メアリー・バーカー著 井村君江 訳・監修 「Flower Fairies 花の妖精 ー英国の花たちー』 2014年 主婦の友社 )



by laurism | 2018-05-18 07:04 | Flower Fairies | Comments(0)

パニエ&プリザーブドフラワー レッスン

ドマーニでのレッスンにて

まずは、生花でパニエから

a0252678_07140369.jpg

生徒さんからもう、このグリーンだけでも他のお花は挿さなくてもいいくらい〜、と...

a0252678_07141205.jpg

いえいえ、これからが本番そんなことを言わずにお花もさしてください

a0252678_07142121.jpg

良かったです、お花もみんなさしていただけました

a0252678_07145671.jpg

市場に行ったら、ライラックが出ていたので
同系色の中に少し入るだけでもさし色になりますね

a0252678_07150621.jpg

a0252678_07151628.jpg


お一人は四方見にお一人は三方見に

a0252678_07152871.jpg

a0252678_07153854.jpg

お持ち帰りできるようラッピングして
実は、ラッピング前に写真撮れば良かったね、の1枚

a0252678_07210456.jpg


こちらのHさん、今回初めてお会いしたのですが
実はアメリカ在住で私のフラワーフェアリーズの写真をインスタで見つけてくださってからのお付き合い
投稿されている記事にとても心温まる心に染みるエピソードが書かれていて、やりとりをさせていただいていました
今回、ご帰国のタイミングでレッスンがあるのを知り、お申し込みくださいました
お花はまったく初めてだそうですが、とても楽しかったとおっしゃっていただきありがとうございます

a0252678_07211130.jpg

遠く離れて住む方とこんなふうにお会いできるのも今の時代ならではですね
Hさんは、想像していた通りの優しさに満ちた素敵な女性、たとえSNSを通じて知り合ってお話ししただけでも、文面ややりとりからその方のお人柄というものはしっかり伝わってくるものです
今回、フラワーフェアリーズのファンでいらっしゃるHさんとはたくさんそのお話もさせていただき、楽しい時間を持つことができました
わざわざ会いにきてくださって本当に嬉しかったです、ありがとうございます

さて、もうお一人の方も、お花は生花もプリザーブドもまったく初めて、とおっしゃる方で、こちらはお母様への母の日のプレゼントにしたい、とご参加くださいました

a0252678_09584049.jpeg

a0252678_09590927.jpeg

プリザーブドは生花と違って、お花を挿すまでのワイヤリングが初めての方には大変なところですが、こちらのRさんはご自身でアクセサリーも作られる器用な方なので、苦もなくワイヤリングを終わらせて、早速アレンジに取り掛かられました
お届けになる前ににっこり記念撮影

a0252678_10041029.jpeg

早速、この後、お母様に届けられてお母様の写真も送ってくださり、お喜びいただけたとのことで、良かったです
ご参加ありがとうございました

by laurism | 2018-05-16 07:25 | レッスン | Comments(0)

母の日ブーケ

a0252678_08100540.jpg

全てのお母様方が笑顔になれる1日でありますように...

ふだん、会えない遠くへ離れてるお母様へ
今年もあちらこちらへと母の日ブーケを送らせていただきました

a0252678_08101460.jpg

その後、皆さんから、届くお礼のメールに今年もこちらこそ、ありがとうございます、の感謝の1日です

a0252678_08094122.jpg

a0252678_08091990.jpg

a0252678_08090762.jpg

a0252678_08093328.jpg





by laurism | 2018-05-14 10:27 | flower | Comments(0)

最近のお届け お祝い花

お祝い花の配達を承っております

最近のお届けから


a0252678_13101807.jpeg

a0252678_13111888.png

こちらはダンスの発表会へのお祝いのお花
普段、自分ではなかなか選ぶことのないガーベラですが
ご依頼主様が、こんな色合いでこんな雰囲気のお花にしてほしい、と送って下さった写真に
大ぶりのガーベラが入っていてかわいらしく、ちょうどこの日、この色なら彼女の言っている雰囲気にぴったりかも、と
思える大ぶりのガーベラがあったので使ってみました
こんなふうに、リクエストにあわせてお作りすることができますので、
ぜひ使ってほしい花や色のご指定はご遠慮なくご注文時にお伝えください



こちらは、法律事務所のオープンに


a0252678_13220267.jpeg





a0252678_07541405.jpg


こちらはイタリアンレストランへのお届け
住所の場所に着くとそこには素敵なたたずまいのレストランが
もう、ドアを開ける前からとても良い雰囲気

a0252678_13134625.jpeg

a0252678_13141145.jpeg
お店に入ると、おいしそうなお料理にどちらからもこぼれる笑顔があふれているのが目に飛び込んできて
次はお客様としてご飯を食べにきたいと思うお店でした

お祝いの札をつける場合は、ご注文の際ににお相手の名前、送り主をお知らせください



by laurism | 2018-05-08 10:42 | flower | Comments(0)

THE DOG-VIOLET FAIRY

a0252678_06502805.jpg
THE SONG OF THE DOG-VIOLET FAIRY
The wren and robin hop around;
The Primrose-maids my neighbours be;
The sun has warmed the mossy ground;
Where Spring has come, I too am found;
The Cuckoo's call has wakened me!
~Cicely Mary Barker FLOWER FAIRIES OF THE SPRING~ より

毎年、いろいろな場所でフェアリーの写真を撮っていると
写真の向こう側の人たちには、おなじスミレにしか見えなくても
あとで見返したとき、これはどこのスミレ、これはどこのスミレ、などと
その年の気候や周りの風景もよみがえる、私だけの楽しみ

ことしはあっという間に春が駆け抜けていってしまったので
わたしが北上してつかまえたスミレ


by laurism | 2018-05-07 06:51 | Flower Fairies | Comments(0)