人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

Fiore Spazio 花便り

laurism.exblog.jp

イギリス 妖精の村 コティングリー

イギリスのコティングリー村をご存知ですか?
今年、6月7月にコティングリーに関連した書籍が発行されました
「コティングリー妖精事件 イギリス妖精写真」(井村君江/浜野志保著 青弓社)
「妖精が現れる!コティングリー事件から現代の妖精物語へ」(アトリエサード発行)

イギリス 妖精の村 コティングリー_a0252678_11481151.jpeg

ロンドンから北へ3時間半ほどの、妖精と深いかかわりがあるというこの村に、私は2018年6月に行きました 
この年の3月、「Fiore Spazio 妖精たちの花便り Flower Fairies展」の会期中の最終日に、比較文学者で妖精研究の第一人者である井村君江先生をお迎えし「シシリー・メアリー・バーカーの妖精たち」をご講演いただき、その後ご出席者と先生を囲んでアフタヌーンティを愉しみました (その時の様子はこちら ⇒ click )
そのお迎えに行った車の中で先生が、6月にシシリーの故郷であるクロイドンに行くのよ、とおっしゃったのをきっかけにご一緒させていただけることになりました
その旅行の中の一番の目的地がコティングリー妖精事件で知られるコティングリー村

イギリス 妖精の村 コティングリー_a0252678_11384361.jpeg

およそ100年前、この村で2人の少女が撮った妖精の写真がシャーロック・ホームズの作者アーサー・コナン・ドイルの知るところとなり、彼がそれを発表したことから、その後、写真の真偽が事あるごとに論じられてきました

イギリス 妖精の村 コティングリー_a0252678_11542511.jpeg

イギリス 妖精の村 コティングリー_a0252678_11544474.jpeg

(写真:コティングリー妖精事件/青弓社 より転載)

井村先生は、このことを最初にコナン・ドイルに知らせ、事件の事実を調査したエドワード・L・ガードナーの鞄を所有されていて、チームが作られこの中身が研究され、私たちがコティングリーへ行った前の冬に、恵比寿の東京都写真美術館であったインヴィジブル展でも展示されました

イギリス 妖精の村 コティングリー_a0252678_13225365.jpeg

イギリス 妖精の村 コティングリー_a0252678_13233591.jpeg

(2018年2月、東京都写真美術館であった「インヴィジブル」展、会期中、今回出版された「コティングリー妖精事件」の執筆者井村君江先生と浜野志保先生がご登壇されたトークイベントにて)

そして、その年の6月にコティングリーへ行き、その翌日は、さらに研究を進めるため、コティングリー関連の資料が収蔵されているリーズ大学の図書館ブラザートンコレクションを予約された井村先生とご一緒させていただく機会に恵まれました

イギリス 妖精の村 コティングリー_a0252678_15163782.jpeg

「コティングリー妖精事件 イギリス妖精写真」(井村君江/浜野志保著 青弓社)は、今回のリーズ大学での考察も含め以前より進められたガードナーの鞄の中の資料の詳細な解説に加え、社会的・文化的背景、妖精写真から人々の感性や時代性を浮き彫りにした学術書

イギリス 妖精の村 コティングリー_a0252678_15181902.jpeg

妖精が現れる!コティングリー事件から現代の妖精物語へ」(アトリエサード発行)は 新旧のコティングリー事件の研究史を出発点とし広範な問題に対し、幻想文学の立場から向き合う、評論・エッセイ・小説など多数収録されています


今回、「コティングリー妖精事件」には、先生に同行させていただいた時に撮影した現在のコティングリーの写真を
「妖精が現れる!」には、その時の紀行文を掲載していただきました

井村先生が良くこの村を訪れたころは、駅前に妖精の村だとわかるお土産物屋さんなどもあったそうですが今では駅もひっそりとしてここがその村であったことはすっかり忘れられてしまったかのよう

イギリス 妖精の村 コティングリー_a0252678_15212589.jpeg
また、私はこの2人の少女を題材にした映画「フェアリーテール」を見て勝手に想像を膨らませていたので、木々の生い茂った緑の木立の中を歩くイメージで到着したところには最初その面影もなく、二人の生きていた時代から100年たっているとはいえ、少しがっかりいたしました
唯一、少女たちが住んでいたライト家に向かう途中、塀に腰かけておしゃべりに興じる2人の少女が、100年前のエルシーとフランシスに重なって見えました
イギリス 妖精の村 コティングリー_a0252678_13485923.jpg
そして、エルシーたちライト家が住んでいた家は当時のまま、残っていて、現在の家主であるご主人にお目にかかり、家のバックヤードからその下に広がる少女たちが妖精の写真を撮り、遊んだと言われるベック(小川)に案内していただきました

イギリス 妖精の村 コティングリー_a0252678_13492465.jpg

なんと、ここは今までの表の通りの光景からは想像もつかない、静けさの中に清涼とした川のせせらぎと木々の合間からこぼれる光、そのうち小鳥がさえずる声も聞こえてきて、妖精がいるにふさわしい土地へとやってきたことを感じさせてくれました
イギリス 妖精の村 コティングリー_a0252678_14033830.jpg
イギリス 妖精の村 コティングリー_a0252678_14040529.jpg

そうして私たちはベックを堪能したのち、また表の通りに出て新興住宅地の中に戻ると、100年前のエルシーとフランシスの時代から一瞬にして現実の世界に戻ってきたかのように感じましたが、通りに、シェイクスピアの「夏の夜の夢」に出てくる妖精たちの名前がついた通りがいくつもあることを知り、今もなお、ここに住む人たちの間にとって妖精たちは身近な存在なのだと気づかせてくれました


イギリス 妖精の村 コティングリー_a0252678_14351931.jpg
折しもこの日は、夏至 midsummer 妖精や植物の力が一年のうちでもっとも強くなるこの日に、井村先生とコティングリーに来ていること自体、思ってもいなかった不思議な出来事
そしてこの後、私たちは不思議な木戸を発見します
いったいこの扉を開けて中に入っていく人はいるのでしょうか?
また、その中には先ほどまでの現実から時も場所もタイムスリップしてしまったかのような空間へと進んで行くことになります

イギリス 妖精の村 コティングリー_a0252678_13583897.jpg


イギリス 妖精の村 コティングリー_a0252678_13573020.jpeg
イギリス 妖精の村 コティングリー_a0252678_13561735.jpg

イギリス 妖精の村 コティングリー_a0252678_13554612.jpg

さて、これはいったい何だったのでしょう?
もしよろしければ、続きは今回出版されました「妖精が現れる! コティングリー事件から現代の妖精物語へ」をご覧ください
こちらには井村先生はじめこの旅でご一緒してくださった方々、「コティングリー妖精事件」に関係の深い方々の寄稿のほか、幻想文学の中の妖精として多数小説もおさめられた読み応えのある一冊です

偶然、先生と乗っていた車の中でお話したことから始まったイギリス行き 
私はただ、コティングリーに行けることが嬉しくて、こんなに壮大な研究の一日だったということも、写真美術館の展覧会には行っていたもののこれだけ多くの方たちの手により調査されていたことも、今回の書籍で改めて理解いたしました
そんな私が撮った写真が掲載されたり、他の執筆者の中で著しく文才が乏しい私の紀行文を載せていただくなんて夢にも思っていないことがおこりました
コティングリーは行く前からとても楽しみにしていましたが、ただ同行させていただくだけだと思っていたブラザートンコレクションに行って、エルシーとフランシス二人の直筆の絵や写真を撮るために苦労し工夫した様を目の当たりにしたことは、フラワーフェアリーズの写真を撮っている私にとって、言い表せないほどの大きなこととなりました

今回、この旅に同行させてくださり文章など書けないと申し上げた私に何度も書くように励ましてくださった井村先生、この旅をコーディネートし連れて行ってくださった石川さん、ご一緒した川幡さん親子、そしてご丁寧に何度もご連絡くださった青弓社の矢野様、アトリエサード岩田様に感謝申し上げます
井村先生のご著書の中に「人の一生は出会いとふれあいの連続です」という言葉があります
私が出会わせていただいている人やことを想う時、胸がいっぱいになります

# by laurism | 2021-08-10 14:59 | etc... | Comments(0)

真夏のエスニックブーケ

今月のドマーニレッスンは、真夏のエスニックブーケ

暑さを吹き飛ばすべく、思い切り夏らしい花材で楽しみましょう
真夏のエスニックブーケ_a0252678_15254884.jpeg


丈の長いひまわり、ヘリコニアやチューベローズなど
いつもの柔らかい草花系のブーケを丸く束ねるのとは違い、
ダイナミックに縦長に束ねます

真夏のエスニックブーケ_a0252678_15263312.jpeg


チューベローズの甘い香りがレッスンの間中、漂っていました
こんな花材、なかなか自分では買ったこともなくて、嬉しい、と喜んでいただきました

真夏のエスニックブーケ_a0252678_15285999.jpeg


真夏のエスニックブーケ_a0252678_15294478.jpeg

☆真夏のエスニックブーケ☆
バラ‘クリスタルドレス’
バンクシャー
クルクマ
ヒマワリ‘パナッシェ’
ヘリコニア
パイナップルリリー
チューベローズ
アンスリューム
モンステラ


こちらは同じ花材を倍ぐらい使ったブーケです
たくさんの花材を扱えるようになり上級に進んでいただいた方のブーケとなります

真夏のエスニックブーケ_a0252678_15320380.jpeg


真夏のエスニックブーケ_a0252678_15323950.jpeg

来月8月は、毎年第2火曜日のレッスンはお休みとさせていただき、第4木曜日のみとなります
みなさん、今年もステイホームが続く夏となりますが、暑い夏をしっかりと乗り切りましょう
8月第4週はガラス花器への活けこみとなります
ご参加お待ちしております

# by laurism | 2021-07-30 15:01 | レッスン | Comments(0)

エレガントコレクション東京 終了しました

先日、7月20日、 ホテルニューオータニ東京にてエレガントコレクション東京が無事開催されました

昨年より、コロナ禍の続く中ではありますが、 エレガントコレクション東京は飲食を伴わないイベントとして
感染対策のしっかりされた会場にて年に3回開催されています
Fiore Spazioは初めての参加でしたが、ご来場いただきました皆様にはありがとうございました

エレガントコレクション東京 終了しました_a0252678_21175158.jpeg


Fiore Spazioは大きな窓を背にしたテーブルで、バックの木々の緑が背景となり明るく、お花も綺麗に見せていただける場所でした

エレガントコレクション東京 終了しました_a0252678_21213851.jpeg

エレガントコレクション東京 終了しました_a0252678_22475937.jpg

お隣はビスクドールのテーブルで手のひらにのるぐらい小さなドールも全部お洋服も脱がせてお着換えができるそうです

エレガントコレクション東京 終了しました_a0252678_22485210.jpg
エレガントコレクション東京 終了しました_a0252678_22493208.jpg

革の靴やレースの靴下もすべて手作りとのこととても細かい手仕事で作られたドールはどれも愛らしく可愛いものばかりでした

エレガントコレクション東京 終了しました_a0252678_22503049.jpg

Fiore Spazio では、アーティフィシャルフラワーはほとんどのものはブーケスタイルでお持ちしました


エレガントコレクション東京 終了しました_a0252678_22512899.jpg

エレガントコレクション東京 終了しました_a0252678_22514450.jpg

アーティフィシャルフラワーは 生花よりは長くもつため、ずっと飾っていると変わり映えがしませんが、ブーケスタイルにすれば器を簡単に替えることができ、印象もすっかりかえることができます

上のアレンジメントは背が低くたっぷりとした径の器ですが、脚付きコンポートにすると全然違ったアレンジメントにも見えます

エレガントコレクション東京 終了しました_a0252678_22564645.jpg
 今回はポストカードも、多くの方にご覧いただきました
小さなころ、この絵を見ては真似て描いていたとおっしゃる方もいらっしゃったり、やはり絵本で知っていて、昔から好きだったとおっしゃる方もいらして、皆さん、どれにしようか真剣に選んでくださってありがとうございました

エレガントコレクション東京 終了しました_a0252678_23011100.jpg

# by laurism | 2021-07-27 17:28 | イベント | Comments(0)

エレガントコレクション東京

この度、ホテルニューオータニ東京にて開催されるエレガントコレクション東京に参加させていただくことになりました

エレガントコレクション東京_a0252678_18571698.jpeg


色々なジャンルのお店が並ぶ、毎回大変好評のイベントに初参加させていただくことに感謝しております
こういう時期ではありますが、感染対策のしっかりされた広々とした会場でゆっくりお楽しみいただけます
みなさまどうぞお誘いあわせの上、ご来場くださいますようお願い申し上げます

エレガントコレクション東京_a0252678_19002575.jpeg


エレガントコレクション東京
日時:7月20日火曜日 10:30~16:00
場所:ホテルニューオータニ東京 ガーデンコート シリウスの間


今回、Fiore Spazioはアーティフィシャルフラワーにて参加させていただきます
ブーケは器とブーケが別売りのため、お好きに組み合わせて選べます
花器によって同じブーケでもかなり印象がちがって見えます
また、ご自宅にある器に飾られる場合はブーケだけお選びください
エレガントコレクション東京_a0252678_19021500.jpeg


エレガントコレクション東京_a0252678_19104154.jpeg
その他、わんちゃんのためのフラワーアクセサリーもご用意しました

エレガントコレクション東京_a0252678_19171689.jpeg


リボンになっているので、わんちゃんの大きさに合わせて調節してつけることができます

エレガントコレクション東京_a0252678_19242181.jpeg

また、軽いので、頭の上にカチューシャとして飾ることもできます


暑い日が続いております
皆様、お気をつけてお過ごしください

会場でお目にかかれることを楽しみにしています



# by laurism | 2021-07-18 07:12 | イベント | Comments(0)

和装 ウエディングブーケ

この度、白無垢に持つ、ウエディングブーケのご依頼をいただきました
ご希望は赤のブーケ
洋風に結った髪に赤い珊瑚のかんざしをお使いになるので、赤いブーケをイメージされたとのお話でした

和装 ウエディングブーケ_a0252678_13433702.jpeg

もう少しお話を伺ってみると、もし出来たら色打掛の時にも持てたらとお考えとのことで
そちらはゴールドを基調にしているとのこと
赤のバラを3種とゴールドになぞらえて、少しゴールドにも見えるオレンジ系のダリアをはじめ、ダリアも3種類使わせていただきました
紅白のダリアは小ぶりではありますがその名も福寿と、ウエディングにぴったりの名前を持つダリア
和装でしたので、金の水引や、赤の組紐を使いました

和装 ウエディングブーケ_a0252678_13450046.jpeg

風薫るこの季節に、美しい新緑にも映える赤のブーケでのお写真を頂戴し、ありがとうございました
このような幸せの一コマのお手伝いをさせていただきまして嬉しい限りです
おめでとうございます、末永くお幸せに!

和装 ウエディングブーケ_a0252678_13462499.jpeg

和装 ウエディングブーケ_a0252678_13465671.jpeg

# by laurism | 2021-06-11 13:40 | flower | Comments(0)